海水浴シーズンは終盤ですが、まだまだプールを楽しんでいる人は多いはず。水遊びやアウトドアを思いっきり楽しんだのは良いけれど、日焼けで肌のヒリヒリに悩まされるのは悲惨ですよね。日焼けのヒリヒリを抑えて、適切に処理するには一体どうすれば良いのでしょうか。

日焼け後のヒリヒリは炎症を抑えることから

日焼けとは軽い火傷の状態です。肌がヒリヒリしているのも皮膚がダメージを受け炎症を起こしているから。炎症の対処法といえばやはり患部を冷やすことです。ちょっとした怪我や筋肉痛に伴う炎症が冷やすことで改善するのと同じで、日焼けに伴う肌の炎症も冷やすことで改善することができます。患部の冷やし方としては、冷水シャワーを浴びる、水風呂に入る、冷やしタオルを当てる、といった方法が挙げられます。ちなみに氷水や保冷パックといった冷たすぎるものは刺激が強すぎるので、逆効果となることも。冷水程度の冷たさが丁度いいのです。

日焼け後の乾燥した肌への保湿は慎重に

日焼けの肌は乾燥しており、この乾燥した状態は回復の遅れや、その後の肌荒れの原因ともなってしまいます。そのため日焼け後、患部を冷やした後は保湿も重要となってくるのですが、軽い日焼けでもない限り、ここで軽率にいつも使っている化粧水・ローションなどを使用するのは少々危険なところです。日焼け直後の炎症した患部は非常に敏感で、ちょっとした刺激でもかえって炎症をひどくしてしまうこともあるのです。ヒリヒリとした痛みを伴う肌の炎症の際は、できれば皮膚科で処方してもらえる炎症を抑える軟膏を塗るか、刺激のないワセリンを塗布しておきましょう。

その後の経過について

日焼けの翌日、2日後などは、適切な処置をしていることで炎症、ヒリヒリした痛みも大分治まってきていることだと思います。もう炎症も大丈夫、ヒリヒリも治まったというなら、いつもの化粧水やクリーム等でしっかり保湿してあげましょう。日焼け直後と同様、その後の経過も患部はすごく乾燥しています。そして最後に、まだ回復中の状態の肌を再度紫外線にさらさないように注意します。紫外線ダメージによって痛んでいる肌に紫外線ダメージで追い討ちをかけていれば治るものも治りません。露出を抑えた服装、もしくは日傘をさすなどの対処はしておきたいところです。余裕があれば目の日焼け対策も忘れずに。


writer:サプリ編集部