那覇空港からすぐ。瀬長島の「ウミカジテラス」のグルメ&スイーツ6選

写真拡大

那覇空港から車で約15分の瀬長島にある「ウミカジテラス」。レストランや雑貨店が入ったリゾート感あふれる複合施設です。東シナ海を眺めながら、フライト直前まで沖縄グルメを楽しめるお店を6つご紹介します。

旅の最後は、「ウミカジテラス」で海を眺めてリラックス

瀬長島(せながじま)の西傾面に沿って約30の飲食店や雑貨店が並んでいる、複合施設「ウミカジテラス」。那覇空港と瀬長島ホテル間は、無料シャトルバスも運行しているので、レンタカーを返した後でも立ち寄れますよ。青い海を近くに見ながら、フライト直前まで沖縄を満喫しましょう。

「瀬長茶屋」のふわふわかき氷

まるでワタアメのような食感のふわふわかき氷が楽しめる「瀬長茶屋」。沖縄県産の純黒糖蜜がたっぷりかけられた「黒蜜きなこ綿雪」や、特産品のジーマミーとうふを使ったデザートがメニューに並びます。この夏の新メニューで登場した愛嬌のある表情の「しろくまぜんざい」も気になるところ。

「ラ イスラ」のマンゴーパフェ

ハンモックに座り、海を眺めながらリラックスして過ごせる「HAMMOCK CAFE LA ISLA(ハンモックカフェ ラ イスラ)」。カジュアルにアレンジしたメキシコ料理、県産マンゴーやパイナップルのフレッシュジュースやパフェが人気。人気の「チュロス マンゴーパフェ」は食べごたえたっぷりです。

地元の素材たっぷりの手作りジェラート 「ゆくる」

「沖縄手作りジェラート yukuRu(ゆくる)」は、イタリアでジェラートを学んだオーナーが営む、ジェラートの専門店。旬の県産フルーツや野菜を使って店内で毎日手作りしているので、出来立てを楽しめます。沖縄県産の「今帰仁すいか」やシークヮーサー果汁入りの「ヨーグルト」など、ここだけのオリジナルフレーバーにワクワクします。

沖縄おやつの定番。「カメアンダギー」

通称「かめおじーのサーターアンダギー」として人気の「KAME ANDAGI(カメアンダギー)」。約40年前に那覇で創業した、地元で愛されるサーターアンダギー専門店です。カボチャや紅イモのディップや、7種類あるアイスを選んでトッピングにすれば、一味違うおいしさに。揚げたてのサーターアンダギーを頬張って沖縄旅行の最後を締めくくるのもいいですね。

ランチにぴったり。「タコライスカフェ きじむなぁ」

沖縄グルメのタコライスに、ふわとろに仕上げた玉子をのせた「オムタコ」が看板メニューの「タコライスcafé きじむなぁ」。そのほか、定番のタコスやタコライスに唐辛子ソースやチキン入りなど、オリジナルアレンジを加えたメニューがたくさん。好みのトッピングでランチを楽しんでみてはいかが?

自家製麺のこだわり沖縄そば。「もとぶ熟成麺」

自家製麺の熟成麺にこだわった沖縄そばがいただける「沖縄そば処もとぶ熟成麺」。三種類の柔らかな肉がのった「V3そば」や、県北部・本部町の地場野菜「もとぶ香ネギ」をトッピングした「香ネギそば」が人気だそう。沖縄そば好きはもちろん、旅行中に食べ逃した人もぜひ立ち寄ってみては?

*****
いかがでしたか?
今回は「ことりっぷアプリ」の投稿から、覚えておくと便利な、沖縄の施設「ウミカジテラス」のグルメをまとめてご紹介しました。
メニューや営業時間、定休日などの情報は、各店舗に確認してからおでかけしてくださいね。

ことりっぷの最新記事