内田篤人【写真:Getty Images】

写真拡大

 シャルケが21日、ドイツ2部のウニオン・ベルリンに移籍した内田篤人に対し、日本語版の公式ツイッターを通じて感謝の言葉を贈った。

 現在29歳の内田は2010年に鹿島アントラーズからシャルケに移籍をしてきた。加入直後からレギュラーとして定着し在籍7年間で公式戦152試合に出場したが、昨季は膝の怪我もありわずか1試合の出場にとどまっている。出場機会を求め、ウニオン・ベルリンに移籍する決断をした。

 シャルケは日本語版の公式ツイッターを通じて「シャルケでこんなに愛された日本人は内田篤人選手以外にいません。別れは辛いですが…またいつかフェルティンス・アレーナで会える日を楽しみしています。うっちー7年間ありがとう」と、感謝の言葉を贈っている。

text by 編集部