家の隅々まで掃除するのは面倒なことが多いですよね。でも、彼には「きれい好きと思われたい!」と思うのが女心。彼がいつ遊びに来てもいいように、まずは家中をピカピカにしてみませんか? 家にあるものやリーズナブルなものを使った、簡単お掃除テクニックをご紹介します。

家にあるもので洗濯機を徹底洗浄



出典:shutterstock.com

毎日のように、衣類を洗う洗濯機。洗濯槽のお掃除まで、きちんとできていますか? 洗濯機は、あなたをおしゃれにしてくれる大切な洋服を洗うもの。洗濯槽に汚れが残っていては、せっかくきれいに洗濯をしても、臭い残りの原因にもなりかねません。そんな洗濯槽は、お家にあるものだけでお掃除できます。

用意するものは、衣類用ハイターなど酸素系の漂白剤、歯ブラシ、タオルだけ。まずは、ホコリがたまりがちなゴミ取りネットを、歯ブラシで磨いていきましょう。ネットが付いていた本体側も忘れずに。排水フィルターやフタの裏はタオルでしっかり拭き取って。ぬるま湯とハイターを洗濯槽に入れたら、数時間放置。そのまま洗濯機を回せば掃除の完了です。

アルミホイルと割り箸で排水口をピカピカに




出典:shutterstock.com

ぬめりが気になる排水口。ピカピカな状態になっていれば、毎日の排水ネット交換も気持ちよくできます。排水口のお掃除には、アルミホイルと割り箸が大活躍! アルミホイルを割り箸の先に巻きつけ、はずれないように輪ゴムなどで固定します。アルミ部分を軽く濡らしたら、アルミの部分でぬめりをこすり取るだけ!

ぬめりの原因となる雑菌は、金属イオンに弱いと言われています。アルミホイルを水に濡らすことで金属イオンを発生させて、ぬめりを退治しましょう。もっと大きなアルミで一気に磨いてもいいですが、ぬめりはできればあまり触りたくないと思うこともあるでしょう。割り箸に巻きつけることで奥まで入り込み、手も汚れにくくなります。

100均の重曹とスプレー容器でコンロを磨く




出典:shutterstock.com

どんなに気をつけていても、油汚れが飛んでしまうキッチン周り。コンロの油汚れには、掃除の定番とも言える重曹が効果的だと言われています。重曹は100均でも手に入るのでリーズナブル。コンロを磨くときは、100均でスプレー容器も買っておきましょう。重曹水を作りスプレー容器に入れたら、コンロに吹きかけ拭き取るだけ。

ガンコな汚れには、重曹を少量の水でペースト状にして塗り込みます。20分程度放置したら、タオルで拭き取りましょう。細かい部分は、使い古しの歯ブラシで磨くのがおすすめです。

ご紹介した簡単お掃除テクニックで、普段は見えない部分もピカピカに磨いてみましょう! きっと、掃除上手なあなたを彼も褒めてくれるはずです♡