画像

写真拡大 (全4枚)

 LINEの店舗・企業向けLINEアカウント「LINE@」が10月上旬にアップデートされる。これまでLINE公式アカウントで提供されていたリッチメニューの実装などが可能になる。

 LINEは、同社が提供する店舗・企業向けLINEアカウント「LINE@」において、2017年10月上旬に機能とサービスのアップデートを実施することを発表した。

 「LINE@」は、LINEのユーザー基盤と高い利用率を活かした、ユーザーへのダイレクトな情報発信やビジネス活用が可能な店舗・企業向けのLINEアカウント。2012年12月の提供開始以来、主にユーザーと店舗・企業をつなぐ販売促進のサポートサービスとして、飲食・アパレル・美容・宿泊施設など多くの店舗・企業に活用されており、すでに26万以上の認証済みアカウント(2017年3月時点)が開設されている。

 今回のアップデートでは、店舗・企業からの利用要望が多かったLINE公式アカウントの一部の機能が「LINE@」でも利用可能になる。実装されるのは以下の3つだ。

●リッチメニュー実装

 トークルーム下部に固定表示されるメニュー欄に、訴求したいWebページのURLなどを遷移先として設定することが可能になる。

●リッチビデオメッセージ実装

 ユーザーがトークルームに入ると、動画が自動再生される。再生後にアクションボタンが表示され、クリックで任意のURLに遷移する。

●動画・音声メッセージ実装

 動画メッセージおよび音声メッセージを送信できる。

 また、有効友だち数の中で、性別・年代・活動エリアなどのみなし属性を推定できるユーザーを「ターゲットリーチ数」として表示することが可能になる。なお、今後はターゲットリーチ数を基準とした料金形態への変更も予定している。

 その他にも、地方自治体のアカウントの無償化や審査基準の緩和、ロゴの変更などを実施する(ロゴ変更は10月上旬のリニューアルに先立ち順次実施)。

MarkeZine編集部[著]