マウンドに立つ高島彩

写真拡大

フリーアナウンサーの高島彩(38)が22日、横浜スタジアムで開催された「TOYOTA☆横浜トヨペットナイター Presented by 横浜トヨペット 横浜DeNAベイスターズ VS 広島東洋カープ戦」の始球式に登場。ママになって初めて始球式を行ったが、惜しくもワンバウンド投球に終わった。

【写真を見る】プリウスPHVの助手席から笑顔で降りる高島彩

高島にとって、横浜は市の認定歴史的建造物にも指定されているホテルニューグランドで結婚披露宴を行うなど思い出の土地だ。センターフェンス下のドリームゲートからプリウスPHVに乗って登場。高島の名前がコールされると大歓声に包まれた。

自身の年齢と同じ背番号38のユニホームを着用した高島は、マウンドに登ると大きく振りかぶり投球。

きれいなアーチを描いたボールはワンバウンドで捕手のミットに収まった。惜しくもノーバンとはいかなかった高島は、悔しそうな表情でマウンドを後にした。

【ウォーカープラス編集部】