GoogleがChromebookを導入する企業に向けた新たなプログラム「Chrome Enterprise」を発表しました。同種のプログラムとしては「Chromebooks for Work」が存在しますが、内容が強化されています。

Introducing Chrome Enterprise

https://www.blog.google/topics/connected-workspaces/introducing-chrome-enterprise/

「シンプル」「高速」「安全」を目標にGoogleが作ったOS「Chrome OS」を搭載したChromebookには一元管理が楽という特徴もあり、ビジネスや教育を含め幅広い分野で活用されています。

ビジネス向けでは、導入した多数のChromebookの運用を助ける「Chromebooks for Works」というプログラムが用意されていて、端末1台あたり年間50ドル(約5500円)で利用することが可能です。

「Chrome Enterprise」ではVMware Workspace ONE、およびMicrosoft Active Directoryとの連携で、オンプレミスのシステムとも統合が可能。

Chrome OSとの機能比較は以下のような感じになっており、Chrome Enterpriseには上記の新機能の他に「Google Playの管理」「Chrome拡張機能とブラウザ設定の管理」「プリンター設定の管理」「シングルサインオンのサポート」「パブリック&エフェメラルモードとキオスクモード」「ネットワークとプロキシの管理」「OSアップデートの管理」「盗難防止」などがあります。