画像提供:マイナビニュース

写真拡大

スペースキーが運営するアウトドアメディア「CAMP HACK」と、睡眠から人々の健康を考えるプロジェクト「世界睡眠会議」は9月30日〜10月1日までの1泊2日で、『快眠サイクルを「整えるキャンプ」』を開催する。

同イベントは、日常の乱れた生活リズムを自然のリズムに合わせることで、快眠につなげることを目的としたキャンプ。

スペースキー運営の「アウトドア総研」が実施した睡眠満足度調査によると、普段よりもアウトドアを楽しんだ日は、実に84.0%の人が睡眠満足度が高くなると回答したという。この結果よりアウトドアと快眠には相関性があることが示唆されている(6月22日〜29日に男女1,355名を対象に実施)。

同イベントでは、キャンプの自然体験に着目し、目覚め・食事・運動を中心に快眠に効果的な内容をプロデュースする。日中の適度な運動は良い睡眠につながるため、1日目の14時〜17時は、海岸沿いを散歩しながら楽しめるフォトロゲイニングを行う。

就寝前は読書や入浴などリラックスできる時間をとることが大切であるとして、19時〜23時には世界睡眠会議プロデュースの空間体験・星空観測・入浴を行う。翌日の6時〜8時は、体を起こすための軽食と、プライベートビーチで行う早朝ヨガを体験。朝日を浴びることにより体内時計がリセットされるという。8時からは、快眠をサポートするというトリプトファンを摂取しやすいオリジナルメニューの朝食を提供する。

会場はシーサイドハウス今井浜(静岡県賀茂郡河津町)。定員は10組(最大52名)。参加費は1人1万円〜(税込)。夕食・朝食付きで、参加者にはもれなく「ムアツまくら/MP5000」をプレゼントする。応募はキャンプ場予約サイト「なっぷ」で受け付けている。