国防科学院化学材料研究所を現地指導した金正恩氏(2017年8月23日付労働新聞より)

写真拡大

北朝鮮の金正恩党委員長が国防科学院化学材料研究所を現地指導した。日時は不明。朝鮮中央通信が23日、報じた。

国防科学院は、大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星14」型をはじめとする兵器の研究・開発を担う機関。院長の張昌河(チャン・チャンハ)氏は、火星14型の発射成功に貢献したことにより台頭してきたと見られる側近グループの一人だ。

(関連記事:「ICBM4人組」が台頭か…金正恩氏の側近「順位」に異変

金正恩氏は、「近年、研究所が朝鮮労働党の国防科学技術重視政策、軍需工業政策を体して、陰日なたなく愛国的な先端突破戦を力強く繰り広げて多くのことをやり遂げた」と語った。

さらに、ICBMの戦闘部(弾頭部)や固体燃料ロケットのエンジンの製作工程を調べ、「量産すべきである」と指示した。

そのうえで、「誰かが分かってくれても、くれなくても、わが党に従う純潔な衷情のいちずな心を刻み付けて、党の国防科学政策を支えて奮闘努力してきたこの研究所の従業員のような隠れた英雄、愛国的な科学者部隊を持っているのはわが党の誇りである」と評し、「朝鮮労働党中央委員会の名義で特別感謝を贈り、特別賞金を与えるようにした」という。

現地指導には、趙甬元(チョ・ヨンウォン)、金正植(キム・ジョンシク)の各氏が同行した。