関根貴大加入のインゴルシュタットが開幕3連敗で監督を解任

写真拡大

▽MF関根貴大が所属するブンデスリーガ2部のインゴルシュタットは22日、マイク・バルプルギス監督(43)の解任を発表した。クラブ公式サイトが伝えた。

▽バルプルギス監督は、2016年11月からインゴルシュタットの指揮官に就任。2016-17シーズンはブンデスリーガで指揮を執っていたが、チームは2部に降格。今シーズンも2部で第3節まで指揮を執っており、DFBポカール1回戦の1860ミュンヘン戦も指揮。しかし、リーグでは3連敗とここまで白星がなく解任となった。

▽なお、後任にはU-21チームを指揮していたシュテファン・ライトル氏(39)が昇格することとなる。現役時代は2007年から2013年の現役引退までインゴルシュタットでプレー。キャプテンも務めていた。