鮮やかな一撃を突き刺してファンの声援に応える本田。(C) Getty Images

写真拡大

 ついに日本代表MF本田圭佑がメキシコ・デビューを飾った。現地時間8月22日、メキシコ・リーグ6節でパチューカは本拠地エスタディオ・イダルゴでベラクルスと対戦した。
 
 この試合で最大の注目となったのは、パチューカ移籍以降、コンディションが整わず、チームへの合流が遅れていた本田だ。この日はベンチ入りを果たして、戦況を見守った。
 
 試合はリーグ戦2連勝中のパチューカが先手を取って優位に立つ。13分にアンヘロ・サガルが決め、さらに31分にビクター・グスマンが追加点を挙げた。
 
 2-0とリードして迎えた後半も、素早いパスワークで相手を翻弄したパチューカは試合の主導権を握る。
 
 すると、52分にセットプレーからパチューカは試合を決定付ける一撃を見舞う。右CKにグスマンがダイビングヘッドで合わせてネットを揺らしたのだ。
 
 パチューカは3点目を挙げ、精神的に余裕もできたこともあり、58分に本田をピッチに送り込む。
 
 ホームサポーターから大声援が送られるなか、トップ下に入った本田が見せ場を作ったのは60分。左CKにファーサイドで反応し、ダイビングヘッドで合わせたが、ボールは枠を大きく外れていった。
 
 パチューカは本田ら3人の交代枠を使い切った直後、MFのエリク・グティエレスが負傷して10人で戦う状況を強いられた。
 
 そんななかでも本田は積極的にボールに絡むと、72分にスタンドを熱狂させる。
 
 味方からのスルーパスに抜け出すと、ピッチの中央から35メートル近い距離を独走。バイタルエリアから左足でシュート。これがゴール右下隅へと吸い込まれたのだ。
 
 コンディション不足が指摘されていた日本代表の大黒柱のホームサポーターの期待に応える一撃で点差を広げたパチューカ。直後の78分に油断からベラクルスに一瞬の隙を突かれて失点を喫したものの、その後は再び落ち着きを取り戻してゲームを進行した。
 
 10人となってからは、1トップ気味にプレーした本田はポストプレーなどでも冷静なプレーを披露した。そんな日本代表MFの活躍もあり、戦意を失っていったベラクルスに反撃をする力はなく、試合は結局、4-1でパチューカが快勝。国内リーグ3連勝を飾った。
 
 途中出場ながら積極果敢なプレーを披露し、ファン待望のゴールを挙げた本田。現地時間8月25日に開催される敵地でのティファナ戦(メキシコリーグ7節)でもそのパフォーマンスに注目だ。