一発退場 ウィルシャー大暴れ

写真拡大

監督ベンゲルに見放されたイングランド代表MFジャック・ウィルシャーは、現在トップチームを離れ、U-23でプレーしている。4月にレンタル移籍先のボーンマスで負傷した怪我の回復後試合に復帰している。 

【関連記事:バルサ 提示額166億に増額】

しかしウィルシャーは左遷先のU-23 で年下の選手に不適切な行為を働き、ダイレクトレッドカードで退場処分を科された。アーセナル対マンチェスター・シティU-23の試合63分時点にアーセナルは4-1でシティをリードしていた。その時、MFタイリーク・ウィルソンの強力なタックルを受けてウイルシャーは転倒した。

フラストレーションを抑えることができず、ウイルシャーはウイルソンの首を掴み、そのまま両チームは一触即発の雰囲気となった。最終的に一発レッドカードを受けたウイルシャー不満全開で控室へ消えていった。

その数時間後にウイルシャーはインスタグラムのアカウントに次のようなメッセージを掲載した。「(アーセナルU-23 での試合復帰は)感動的だった。エミレーツスタジアムに戻れて嬉しい。しかし思ったよりも早く(出場時間を)終えることになった、、、」