ハイジらを演じたキャストが裏側について語る 『ハイジ アルプスの物語』特別映像

写真拡大

 8月26日に公開される映画『ハイジ アルプスの物語』より、特別映像が公開された。

動画はこちら

 本作は、1880年にスイスで誕生した5000万部以上発行されている児童文学「アルプスの少女ハイジ」を、21世紀版にアレンジして実写化したもの。アルプスの山の大自然に囲まれ、祖父と楽しく暮らしていた少女ハイジが、大富豪のお嬢様クララの話し相手として、フランクフルトの都会へ連れていかれる模様を描く。

 このたび公開されたのは、撮影風景や本編映像を交えながら、お馴染みのキャラクターを演じたキャストたちが本作の裏側について語っている特別映像。アルムおんじ役を演じるブルーノ・ガンツが、おんじの暮らしを表現するためにヤギの乳絞りや薪割りを練習したという苦労を話し、ハイジ役のアヌーク・シュテフェンが、アルプスの大自然の中でカメラの存在を忘れるほどハイジに成りきっていたというコメントを寄せている。

 ほか、ゼーゼマンやゼーゼマン家の小間使いであるティネット、クララのおばあさま、執事のセバスチャン、教育係のロッテンマイヤーらを演じたキャストも登場。アラン・グスポーナー監督は「(現代人が観て驚くような)未知で新しい世界を作り上げた」と綿密な時代考証と巨額の予算を掛けた本作の出来に、自信をのぞかせている。(リアルサウンド編集部)