アメリカ合衆国のニュース番組『KARE 11』の動画が、話題になっています。

ミネソタ州に住んでいる、94歳のキース・デヴィソンさん。28歳のころに妻のエヴィさんと結婚して以来、仲むつまじく微笑み合ってきたといいます。

しかし、2016年4月…エヴィさんは、がんでこの世を去ってしまいます。

66年間連れ添ってきた愛する妻を亡くし、深い悲しみに暮れるキースさん。広い家は静かになり、心に孤独を抱えるようになってしまったそうです。

「静かな家に耐えられない」94歳のおじいちゃんは…

「君がこの家にいない…そう考えると、涙が止まらないんだ」

長年隣にいた妻が、いなくなってしまった…エヴィさんを失った悲しみは、言葉にできないほど大きなものでした。

※写真はイメージ

話し相手もおらず、耳に入ってくるのはテレビや雑音ばかり。この孤独感が、キースさんの心をさらに苦しめました。

そこで、キースさんは『寂しい気持ちを吹き飛ばす方法』を編み出します。

広い裏庭に作ったのは、4.9m×9.8mのプール!

キースさんには孫がいないため、近所の子どもたちが自由に遊べる場所を作ったのです。

現在キースさんの家は、子どもたちの笑い声や、涼し気な水の音でいつも賑やかです。プールサイドの椅子に腰かけ、遊んでいる子どもたちの姿を見守るのが、楽しみなのだとか。

なんて幸せそうな表情なのだろう。見ているだけで、こっちも幸せになれるよ。素敵な男性!きっと、子どもが好きなのでしょうね。冬になっても、おじいちゃんの家に遊びにいってあげてほしいな。

元気を取り戻したキースさんの姿を見て、多くの人が心うたれたようです。

子どもたちの笑い声や笑顔は、キースさんの心の穴をふさいでくれたのではないでしょうか。

[文・構成/grape編集部]