グランフロント大阪で無料で4Dチェアとゴーグルを使ったVR体験ができる。/提供:Galaxy

写真拡大

 最新スマートフォンやバーチャルリアリティ(VR)アトラクションが体験できる「Galaxy Studio」が、グランフロント大阪(大阪市北区)にて、9月7日(木)まで開催中。

【写真を見る】インタラクティブテーブルでは、Galaxyの機能をテーブルにわかりやすく表示して説明を受けられる/提供:Galaxy

同イベントは、5月から東京や名古屋など全国20か所以上で順次開催されているもので、昨年は累計43万人も来場した人気の体験型イベントだ。

会場受付でスタンプカードをもらって各ブースを巡り、スマートフォン「Galaxy」の最新機種の製品説明を受けたり、実際に新機能やアトラクションを体験するとスタンプを押してもらえる。「Galaxy」の製品説明は、ただ説明を聞くだけでなく、花火大会などで花火も人物も鮮やかに撮影できる「暗闇カメラ」の体験や、スマートフォンを置くと製品の主要機能や特徴がわかる「インタラクティブテーブル」、水中にスマホを入れて動かすとインク画風、油絵風、水彩画風のアートが表示され、防水性能を確認しながら体感できる「リキッドキャンバス」など、楽しめながら知ることができるものが用意されている。

また、「Galaxy Gear VR」ゴーグルを装着して、前後左右あらゆる方向に椅子が回転しながら360度バーチャルリアリティを体験できるアクロバティック・アトラクション「パルサー」や、腕時計型ウェアラブルの「Galaxy Gear S3」を身に着け、水泳とテニスのフィットネスバトルでポイントを競う「Galaxyフィットネス」など、すべて無料で楽しむことができる。

全12コンテンツのうち決められた8コンテンツの中から、6つスタンプを集めるとVRアトラクション「Gear VR 4D Theater」が体験できる。これは8人で1チームとなって、4DチェアでVR体験ができるというもの。椅子に座って、VRゴーグル「Galaxy Gear VR」を装着すると、宇宙船に乗ってシューティングを体験できる新感覚アトラクションだ。

また9つスタンプを集めると必ず何かが当たる「Lucky Slot」にチャレンジできる。360度撮影できる「Galaxy Gear 360」などのGalaxy製品が当たることも!ぜひチャレンジしてみよう。

さらに、期間中にコンテンツを体験している様子をSNSへ投稿したり、リツイート(RT)すると、グランフロント大阪館内のタイアップ飲食店で使えるクーポン券がもらえるチャンスもある。【関西ウォーカー編集部/千束】