23日放送の「あさイチ」(NHK総合)で、V6・井ノ原快彦が、番組での情報発信に意見する場面があった。

番組では「親の離婚 こどもの本音」と題した特集を、親の離婚を経験しているIMALUとユージをゲストに迎えて放送した。中盤では養育費の問題をクローズアップし、古野晶子アナウンサーが養育費相談支援センターの存在を紹介した。

同センターは、基本的には大人向けの窓口とのことだが、子どもからの相談も受け付けているとのこと。養育費の基礎的な知識や、親にどう伝えればいいかなどを相談に乗ってくれるとのことで、画面上には同センターのHPアドレスが表示された。

しかし井ノ原は「そのセンター、ネットじゃないとダメなんですか?」と尋ねる。古野アナが「電話とかでも受け付けています」と答えると、井ノ原は「電話、子どもだよ? 電話電話」と意見し、相談したくても電話しか使えない子どもがいる可能性を心配したのだった。

有働由美子アナが放送上の理由で掲載できないことを示唆すると、井ノ原は「あ、そうなんだ」と残念そうにこぼし、「いや〜子どもにそれは…」「いくつかわからないけど、スマホ持っているかもわかんないし…」と続ける。

井ノ原は「どこかに行けばとか、わかればいいんですけどねえ…」と残念そうにこぼすも、「電話番号はなかなか難しいんですね〜」と番組側の事情にも理解を示していた。古野アナは放送終了後に、番組HPで情報を掲載すると予告していた。

【関連情報】
「あさイチ」8月23日 女性リアル 親の離婚 こどもの本音

【関連記事】
「あさイチ」の悪ふざけに井ノ原快彦らが謝罪 MC降板を信じた視聴者からFAXが殺到
「あさイチ」性暴力被害の特集へのFAXに出演陣が反論「娘に同じこと言えますか?」
井ノ原快彦が笑顔自粛に至ったジャニー社長の言葉「大変なことをしてくれたな」