婚活に疲れてしまったとき、仕事のストレスで自暴自棄になってしまいそうなとき……誰かと一緒に過ごしてうさ晴らしができればそれにこしたことはないですが、友達の都合があわなかったりすれば当然ひとりで寂しく過ごすことになりますよね。その孤独感がさらにユウウツな気分にさせたりして……。ですが、そんなのもったいなさすぎです。ということで今日は、おひとりさまデビューのお話。難易度MAXまでクリアなるか!?

難易度順! あなたはどこまでクリアできる?

【難易度1】ひとりファストフード

ハンバーガーや牛丼がすぐに食べられるファストフード店はひとりでも入りやすいですよね。カウンター席が多く設置されているのも気兼ねなく入店できる理由のひとつでしょう。人から干渉をされにくいですから、ひとりの時間を不安なく過ごすことができます。

【難易度2】ひとりレストラン

先ほどよりも少しレベルアップして、カウンターではなくテーブル席でゆったりと過ごしてみましょう。仕事で外に出ている方にとっては難なくクリアできるところでしょう。周りがカップルだらけだろうがかまいやしません。ドリンクバーを片手に本を読んだり、ただひたすらボーッとしてみたり。そんな自分のためだけの時間を過ごしてみましょう。

【難易度3】ひとりカラオケ

ちょっと難易度が高くなりましたでしょうか? このひとりカラオケというもの、「ひとりで歌うだなんて、他の人にバレたら恥ずかしい」なんて思っているならば大きな間違いです。
誰のリアクションも気にせずに、自分の好きなタイミングで好きなジャンルの曲を好きなだけ歌えるすばらしさといったら! 普段空気を読むタイプの人ほど、ぜひ楽しんでいただきたいです。
自分の好きなアーティストの曲ばかり歌ってもいいですし、普段友達と行ったら歌えないような自分のキャラとは違う曲だって歌い放題です。友達の持ち歌でも、遠慮せずに歌えちゃいます。大声で叫んだって、オールOK! この自由さに気づいたら、もう他の人とカラオケに行けなくなるかもしれません。

【難易度4】ひとりバー

ひとりでバーに行くのもオツなものです。いきなりオシャレでお高めなお店は怖いということであれば、スタンドバーから始めてみましょう。1,000円もあれば一杯飲んでおつまみが楽しめます。女性のおひとりさまは、実はけっこういらっしゃいます。
はじめは何をしたらいいのかわからずにぎこちなくなってしまうかもしれませんが、慣れてしまえばこちらのもの。いつもよりも開放的になったら、気になる男性にも声をかける勇気がわいてくるかも。

【難易度MAX】ひとり遊園地

実はメリットの高いおひとりさま遊園地。遊園地によっては、ひとりで来ている人を優先的に搭乗させてくれたりします。筆者はUSJにて参戦してきましたが、普段90分待ちのところ、20分弱で乗れたのには驚き! 音楽を聴きながら乗れる某絶叫マシーンに1日で4回乗ってまいりました……。ジェットコースターを人のペースを気にせず楽しみたいなら、これはアリですよね。なにより、自分の好きなように回れるというのが大きなメリット。思いっきり叫んで遊んだら、ストレスも吹き飛んじゃいます。

いかがでしたでしょうか? ひとりでどこか行くなんて寂しい……そんな固定観念なんて今夜でサヨナラ! 自分の時間をめいっぱい楽しんで人生を謳歌しちゃいましょう! 自分自身が楽しめる時間を自分でプロデュースできるようになれば、孤独なんて怖くありません! 自分にハッピーをプレゼントしてあげるつもりで毎日を彩ってみましょう! ひとりの時間を楽しめる女性は、メンタルが自立した女性です。毎日を楽しめるあなたは、男性からも魅力的に見えること間違いなしですよ!