英ロンドンにある国会議事堂の時計台「エリザベス・タワー」内部の大きな鐘(ビッグベン)。改修工事を前に撮影(2017年8月17日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】英ロンドン(London)にある国会議事堂の時計台「エリザベス・タワー(Elizabeth Tower)」の改修工事を前に、その内部写真が公開された。

 大時計(愛称ビッグベン、Big Ben)は21日をもって鐘の音を止めたが、英国が欧州連合(EU)離脱などの大きな変化に直面する中、長年愛されてきた象徴としての鐘の音が4年にわたり失われてしまうことについては反発も出ている。
【翻訳編集】AFPBB News