初出場の杉田祐一は初戦で19歳のフリッツに敗退 [ウィンストンセーラム・オープン]

写真拡大

「ウィンストンセーラム・オープン」(アメリカ・ノースカロライナ州ウィンストンセーラム/8月20〜26日/賞金総額66万4825ドル/ハードコート)のシングルス2回戦で、第10シードの杉田祐一(三菱電機)は19歳のテイラー・フリッツ(アメリカ)に3-6 2-6で敗れた。試合時間は1時間6分。

、今大会に初出場だった杉田は、大会初勝利ならず。シード勢は1回戦がBYE(免除)となっており、杉田は2回戦が初戦だった。

 今シーズンの杉田は、7月にアンタルヤ(ATP250/グラスコート)でATPツアー初優勝を飾り、前週のシンシナティ(ATP1000/ハードコート)ではマスターズ1000の大会で初の8強入りを果たしていた。

 両者は昨年6月にハレ(ATP500/グラスコート)の1回戦で初対戦しており、杉田が7-6(4) 2-6 6-3で勝っていた。

 フリッツは3回戦で、第7シードのパオロ・ロレンツィ(イタリア)と対戦する。ロレンツィは2回戦で、チアゴ・モンテーロ(ブラジル)を2-6 6-4 6-4で下しての勝ち上がり。

 ウィンストンセーラム・オープンはATPツアー250の規模の大会で、シングルス48ドロー、ダブルス16ドローで争われる。

◇   ◇   ◇

【上位出場選手シード順位(シングルス)】

ロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)[1]
パブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)[2]
ジョン・イズナー(アメリカ)[3]
ケビン・アンダーソン(南アフリカ)[4]※欠場

※[ ]数字はシード順位

テニスマガジン/Tennis Magazine

※写真は「ウィンストンセーラム・オープン」(アメリカ・ウィンストンセーラム)の2回戦で19歳のテイラー・フリッツに敗れた杉田祐一(シンシナティの大会でのもの)
Photo:MASON, OH - AUGUST 18: Yuichi Sugita of Japan returns a shot to Grigor Dimitrov of Bulgaria during day 7 of the Western & Southern Open at the Lindner Family Tennis Center on August 18, 2017 in Mason, Ohio. (Photo by Matthew Stockman/Getty Images)