プレミアリーグ通算200ゴール達成

写真拡大

エヴァートンへ加入したウェイン・ルーニーは現在もゴールへの嗅覚を持ち続けている。試合ごとにゴールを決めているルーニーだが、21日月曜日のマンチェスター・シティ戦ではプレミアリーグで通算200ゴール目を決めた。

【関連記事:バルサ 提示額166億に増額】

21日(月)に開催されたプレミアリーグ第2節で、エヴァートンは敵地エティハドスタジアムで35分に先制点を決めた。サネのミスを見逃さなかったルーニーはプレミア通算200ゴール目を決めて大台に乗った。プレミアリーグで200ゴールの壁を越えた選手はこれまでにアラン・シアラーしかいない。シアラーは計441試合で260ゴールを決めている。

このゴールはルーニーにとって喜ばしいものだったが、シティにとってルーニーは13年間にわたりユナイテッドのスター選手だった憎き存在だ。ゴールを決めたルーニーのジェスチャーに、シティのサポーターらは激怒し様々な暴言を投げつけた。

試合後にルーニーは次のようにコメントしている
「アラン・シアラーと共に200ゴールを達成することができてとても嬉しい。しかし彼に追いつくにはまだまだだ。今後ももっと多くのゴールを奪いたい。」

このルーニーの快挙により、英国のフットボールアソシエーションは再びイングランド代表に召喚を検討しているようだ。しかしルーニーは「エヴァートンに集中している」と答えている。イングランド代表への復帰については、「(代表チームの)ガレス・サウスゲート監督と数日以内に対話の場を持つだろう。」と語っている。

監督サウスゲートは24日木曜日までにワールドカップ予選に向けて、イングランド代表の出場選手リストを作成する。次回の試合は9月1日のマルタ戦で、その3日後にスロバキア戦が控えている。代表チームで計53ゴールと言う記録を樹立しているルーニーがまた同チームに戻ってくるということを疑う者はいない。