2017年8月21日、静岡県富士市田子で、中国人研修生が死亡する事件が起きた。中国中央テレビが伝えた。

21日夜、田子の中国人技能研修生らが住む寮の一室で、血を流して倒れている中国人の男女2人が発見された。女性は孔令華さん(35歳)。男性は同じ寮に住む20代男性とみられる。発見時に孔さんはすでに死亡していた。男性は意識不明の重体。外部から第三者が侵入した形跡はなく、警察は孔さんと男性の間にトラブルがなかったかについて調べている。

事件を受け、在日本中国大使館は日本当局に対し、一刻も早い事件の解決を要求した。また、被害者家族と連絡を取るなど事件の対応に全力を挙げている。

近年、日本で働く中国人技能研修生をめぐるトラブルや劣悪な待遇が中国でも問題となっている。22日付封面新聞は孔さんの事件を取り上げ、中国人研修生が安い賃金で長時間の3K労働に従事していると報じた。

中国人技能研修生は2016年10月末時点で21万人に達し、日本経済を支える重要な労働力となっている。しかし劣悪な条件に耐えられず逃げ出す者も少なくない。15年には3116人が失踪している。(翻訳・編集/増田聡太郎)