「あいの結婚相談所」で真壁男夢を演じる中尾暢樹/撮影=草刈雅之

写真拡大

現在放送中の山崎育三郎主演のドラマ「あいの結婚相談所」(テレビ朝日系)で、結婚相談所所員・真壁男夢(まかべ・あだむ)を演じる中尾暢樹。コンピューターやメカが得意の大学生アルバイトだが、仕事を振られなければ勤務中でもゲームに夢中、今どきのゆとり世代っぷりを見せる。本格な役者デビューを「動物戦隊ジュウオウジャー」(2016年-2017年、テレビ朝日系)の主演で飾った彼のデビューから最新作までをキャッチ!

【写真を見る】共演者は自由な方が多い!?/撮影=草刈雅之

■ デビューのきっかけ

――まずは中尾さんのデビューのきっかけを教えてください。

きっかけは「D-BOYSオーディション10th」を受けたのが始まりです。その前に元々は16歳の頃にワタナベエンターテインメントの養成所で頑張っていたところ、「D-BOYSオーディション10th」が開催されて。そこでファイナリストになったことで、事務所の新人育成部門に入り、2年前に事務所に正式所属になりました。なので、最近になって色々とお仕事ができるようになってきた感じですね。

――この世界って面白いな、頑張ってみよう、と思ったきっかけは何だったんでしょうか。

実際にD-BOYSの方が出演していた舞台で、養成所の子たちの職場体験の一貫としてその制作に関わらせていただくことがあったんですよ。その時に初めて、こうして人前に立って芝居をして、見ている人を感動させて、誰かに影響を与えるっていうのはすごいなと思って。それがきっかけで自分も、そんな風に芝居で誰かに届くものをやりたい、と思うようになったので、すごく大きな経験になりましたね。

――ちなみにお名前の暢樹は本名ですか? 今回のドラマ「あいの結婚相談所」で演じる真壁男夢(あだむ)も読めないお名前ですが、“暢樹”も一見すると…。

確かにそうですね。暢樹は本名です。「まさき」と読むんですけど、これは僕の父がつけてくれたんですが、苗字からの字画などを熟考した上で考え抜かれてつけられた名前なので、「絶対に変えてはならない」と言われているんです(笑)。なので父の言いつけを守って、この名前と漢字はそのまま覚えていただこうと思って頑張っています。

■ 役者としての転機

――(笑)。そうなんですね。そんな中尾さんが、役者をやっていく中で忘れられない出来事は?

とある監督さんから「いろんな監督がいて、いろんな人がいて、いろんなドラマがあって、正解がひとつではない世界。その場で求められることをやってもいいけど、そのままやるのではなく、自分の中で昇華して正解を選んでいくことも大事だ」と言われたことが印象に残っています。自分で選んで、それを糧にする。全てが正しいわけではないから、と言われたんです。その頃はデビューしたてで、現場で言われるままに演じていただけだったので、自分で自分が正しいことを考えて演じる、ということで変化が出ましたし、成長できた言葉だと思っています。

――戦隊をやられたことで変わったことはなんでしょうか。

単純に当時は映像に対しての知識がなかったんですね。監督さんがいて、照明があって、スタッフさんがいて。本当に何も知らなかったので、撮影に向かう姿勢も、後悔しないように準備をすることや、そういった当たり前のことを学びました。あとはヒーローショーもありますから舞台での芝居もありましたし、アフレコも。戦隊って全てができるんですよね。映像に舞台、声の演技。色んな経験ができたので、今はすごく力になっていますね。

■ 撮影現場の雰囲気は?

――今回の「あいの結婚相談所」ではいかがですか?

自由な方たちが多くて、ツッコミ合い、ボケ合いで、すごいいい現場だな、と思います(笑)。これまで映画や戦隊など出演もしてきたんですが、ずっと同年代の方たちとの作品だったので、こうやって大人の方たちと一緒なのは新鮮で毎日が本当に楽しいです。育三郎さんが周りの人に気を配られていて、面白いことをおっしゃったり、ツッコミを入れたりとされているので、座長としてもすごいなと思いますし、背中を見ている感はすごくあります。

――育三郎さんとの共演はいかがですか?

ミュージカルでも活躍していらっしゃる方なので、存在感が素晴らしいです! 今回は歌も入ってくるちょっとユニークな役ですが、濃いキャラが揃っている中で、またひとつ芯の通った濃い役をやっていらっしゃるんです。キャラものとしてやってみると違和感が出ることもあると思うんですが、そんな感覚は全くなく、こんな風に出せる表現もあるんだなと勉強になります。自然ではないけれど、それでも自然と世界観に合致していく。不思議な感覚です。

――印象的な場面はありましたか?

相談所の会計事務員の前田美波里さんと育三郎さんの2人で歌い合うシーンがあったんですが、そこでアドリブ合戦みたいになっていったんです。美波里さんが演歌風に歌うと、育三郎さんが「それじゃできませんわ〜♪」ってスタスタ去っていこうとしたり。2人の関係をその場でやって、しかもそれがスパッと決まる、その場その場でのやりとりができていく過程がカッコいいなって思いましたし、驚きました。

■ 自身の結婚観は?

――そんな今作は結婚相談所の物語ですが、ご自身で結婚について考えることもありましたか?

いかんせん、僕はまだハタチなので結婚観も何もないんですが(笑)。僕がいつ結婚できるかはわからないですが、結婚をして子供が出来たら戦隊を見せたいです。まずは色々な戦隊を見せて、ハマった頃に「動物戦隊ジュウオウジャー」を見せます。「こういうのもあるんだよ?」ってそっと出して「え!? これ、パパじゃん!」っていう、後からびっくりさせるというのをすごくやりたい(笑)。

――結婚観を超えて子供のお話になりましたが(笑)、理想の結婚というと?

ドラマの中では「恋愛結婚はない!」って所長が言っていますが、僕は恋愛結婚の末に結婚したいです。よく「出会って数カ月で結婚」みたいな話を聞きますが、すごいなと僕は思っちゃうんですよね。僕はじっくりしっかり付き合って、石橋をコツコツと叩き続けながら渡るタイプなんだと思います。

――そんな中尾さんから「あいの結婚相談所」の今後の見どころをご紹介ください。

みんなの個性もわかってきましたが、まだ僕も知らない秘密も隠れていそうですよね。ゲストごとに本当に色んな色が出ますし、一話一話で完結することもあるので、僕も見ていて楽しいです。夜11時15分(※一部地域を除く)の放送ですし、見終わった後すぐに眠ればきっと夢を見てもらえると思います! 男夢の見どころというと、毎話スパイのような色んなことをしているので、次はどんなことをするのかな、とその衣装も合わせて楽しみにしてもらいたいです。

■ 今後の目標

――では今後の役者としての目標は?

刑事や医者など役者じゃないと経験できないような役をやってみたいです。役者の醍醐味の一つだと思うので。悪役もやってみたいです。これまで役の中で怒ったことがあまりなくて。だから怒ったり、暴力的だったり、あとは下品な役とかもやってみたいと思いますね。芝居で表現する以外には体験できないようなことを、芝居として表現をして発散したいですね。

――この先、中尾暢樹という一人の役者として見せていきたいもの、というと?

まだ若い部類に入ると思うんですが、これから年を重ねていく中で男感を出したり、少し渋い役も出来るようになっていきたいと思うので、これから年を取るにつれて深みの出る役者になっていきたいです。まだまだここから色んな役をやっていきたいので、そんな成長を楽しみにしていてもらいたいです。