氷川きよしが、ニューシングル『男の絶唱』の新形態となるD・E・Fタイプを9月5日にリリース。本日8月23日にオリジナル楽譜が発売される、NHKラジオ深夜便「深夜便のうた」としてGReeeeNが書き下ろした楽曲『碧(あお)し』のビジュアルも公開された。

氷川きよしが3月7日に発売した大ヒット中のシングル『男の絶唱』は、デビュー18年目の氷川が “男の熱い決意”を歌いあげた楽曲。新形態となるD・E・Fタイプは、それぞれカップリング曲を変え、年末に向けて再始動する作品となる。本日公開された和装姿のジャケットビジュアルは、まさに楽曲に込められた決意を表現している。

さらにニューシングルの発売を記念したイベントの開催も発表。9月5日に東京・池袋サンシャインシティ噴水広場、9月8日に愛知・アスナル金山、9月10日に大阪・もりのみやキューズモールBASE 1F BASEパークにて、それぞれ観覧フリーで行われる。なお、各会場限定でD・E・Fタイプを同時購入した方に、オリジナルの3枚収納BOXが先着でプレゼントされる。

2017年も精力的に活動を続ける氷川きよし。「深夜便のうた」としてGReeeeN が書き下ろした楽曲『碧し』も、ボーカリスト・氷川きよしの新たな魅力を引き出していると話題を呼んでいる。本日8月23日には、NHK出版オリジナル楽譜シリーズとして『碧し』のボーカル&ピアノ譜、メロディ譜、歌詞を収めた楽譜本もリリース。表紙を飾るうってかわった爽やかなビジュアル写真も評判を呼びそうだ。

<氷川きよし コメント>
今年9月6日、40歳の誕生日を迎えます。
その前日の9月5日(火)、あらたに、シングル『男の絶唱』のD、E、Fタイプを発売させて頂きます。
カップリングは、
Dタイプ『酒場のひとりごと』
酒場で一人、酒を呑みながら、且つ、歌詞を追いながら聴いていただくと、なお一層、心にしみると思います。40歳を前にした今だから歌える曲です。
Eタイプ『芝浜恋女房』
古典落語の名作を氷川きよしらしく、明るいアレンジで歌わせていただきました。落語がお好きな方にもぜひ聴いていただきたいです。
Fタイプ『片恋のサルサ』
リズムシリーズの最新作です!片恋の切ない思いをサルサのリズムに乗せて、甘く、熱く、歌った一曲です。
「四十にして惑わず」という言葉もあるように、迷いなく、今後も歌の道を歩み続けて行きたいと決意しております。
その大切な節目の年に、『男の絶唱』という素晴らしい作品をいただきました。今年一年、この曲を全魂込めて歌って参りたいと思います。
皆様、あらたな、『男の絶唱』D、E、Fタイプもぜひ、応援をよろしくお願い致します。