英ロンドンのモスクで作られる巨大サモサ(2017年8月22日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】英ロンドン(London)で22日、重さ153.1キロの巨大「サモサ」が作られ、世界最大としてギネス世界記録(Guinness World Records)に認定された。

 サモサは人気のあるアジアの軽食。ロンドンにある「イースト・ロンドン・モスク(East London Mosque)で慈善団体「ムスリム・エイド・UK(Muslim Aid UK)」のボランティア10人ほどが形を作り、特注の容器で揚げた。

 ギネスの審査員らがその過程を見守り、世界記録と認定。これまでの記録は、イングランド(England)北部にあるブラッドフォード・カレッジ(Bradford College)が2012年6月に樹立した110.8キロだった。
【翻訳編集】AFPBB News