「パクチーカルボナーラ」ここに完成ナリ〜

写真拡大

 ’15年頃から都内で専門店が次々とオープンし、今では全国各地に広がるなど、まさに空前絶後の「パクチーブーム」といえる昨今。

 オリジナルコーヒー豆や輸入食材を主に取り扱う「カルディコーヒーファーム」(以下カルディ)でも、さまざまなパクチー商品が取り揃えられている。なかでも、インスタントの「パクチーラーメン」は絶品だとか。

⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1381910

 もともと女性ファンの多い食材のパクチーだが、『週刊SPA!』にてグルメ漫画「ゴハンスキー」を連載中の漫画家・清野とおる氏もまた、カルディの「パクチーラーメン」にハマってしまった一人である。

 もちろん、そのまま食べてもおいしいパクチーラーメンだが、今回は清野氏もオススメのアレンジレシピを紹介。

 やってみるか、やってみないかは、アナタ次第だ!

◆パクチーカルボナーラ

 パクチーの香りとカルボナーラソースが魅惑のマリアージュ!

【材料】
パクチーラーメン 1袋
卵 1個
粉チーズ 大さじ2
オリーブオイル 適量
ベーコン 30g

1.パクチーラーメンの粉末スープ(半量)、香味油、乾燥パクチー、卵、粉チーズをよく混ぜ合わせてソースを作っておく
2.鍋でお湯を沸かし、麺を1分間茹でる
3.フライパンにオリーブオイルを熱し、ベーコンをカリカリになるまで炒める
4.麺が茹で上がったら、湯切りをしてのフライパンに入れる
5.さっと混ぜたら器にあげ、熱いうちに,悩遒辰織宗璽垢鬚ける
6.全体をすばやく混ぜ合わせれば、完成!
7.食う

 気になるそのお味は……うーん、パクチーの爽やかな香りと、卵のまろやかさが奇跡のマリアージュ! まさにパクチーを愛し、パクチーに愛されたかのような超絶怒涛の逸品だ!!

 8月23日発売の『ゴハンスキー 3』では、さらなる「パクチーラーメン」のアレンジレシピ2品のほか、無印良品などで清野氏が見つけた「美味しい麺類」について紹介している! ぜひチェックしてみてほしい。

<文/日刊SPA!編集部>