「簡素なお葬式」が遺族の後悔を生むワケ

写真拡大

家族や一部の親族だけでこぢんまりと済ませる葬儀「家族葬」や、通夜や告別式を行わない「直葬」が増えている。しかし時間がたって気持ちが落ち着いてくると、「やっぱりきちんと送れば良かった」と後悔する遺族も多い。こうした弔意を拾う新たなサービスとして、葬儀後に改めてお別れ会を開くケースが増えているという。変わり行く「葬式」のかたちについて考える。

■変わりゆく「葬式」のかたち

今、「お葬式」と聞いて、どんなものをイメージするだろうか。黒白のしま模様の鯨幕が張られた葬儀社のホール入り口に、喪服に身を包んだ大勢の参列者が受付に並ぶような光景が思い浮かぶだろうか。もしくは、たくさんのパイプ椅子が並ぶホールに僧侶の読経が流れる中、焼香の順番を待つ間の焦燥感や作法に対する不安感などといった、気もそぞろな感覚を思い出すだろうか。

ところが近年、こうした光景は姿を消し、焦燥感や不安を感じる場面は少なくなっている。なぜなら、葬儀の縮小化・簡素化が急激に進んでいるからだ。

例えば家族葬と呼ばれる葬儀形式は、多くの場合、家族や一部の親族だけで行われる。以前は密葬と呼ばれていた葬儀の名称が変化したものだ。

また、通夜や告別式を行わず火葬だけで済ませる、「直葬(火葬式)」と呼ばれる葬儀形式も増えている。直葬の平均参列者数は6〜7人で、火葬料金や遺体を運ぶ搬送費、ひつぎや骨壷、位牌など、必要最低限の物品やサービスしか必要としないため、一般的な葬儀よりも費用を抑えられるほか、故人とのお別れは火葬炉の前や火葬場の別室などで簡潔に行われるため、時間も短縮される。

2000年頃から全国的に家族葬・直葬が増え、葬式の小型化が進んだ。これにより、かつての親族をはじめ故人に生前関係のあった方たちが参列し、宗教儀礼を中心に儀式を行うスタイルの葬儀を、「一般葬」と呼び分けるようになった。

■関東では直葬が2割以上を占めている

月刊『仏事』を出版する鎌倉新書が、全国のおよそ200の葬儀業者を対象に2013年の1年間で直葬がどのくらい行われたのかを調べた結果、関東地方が最も多く、ほぼ5件に1件、葬儀全体の22%を占めていることが分かった。関東の次には近畿地方の11%が続き、東京や大阪などの大都市圏で直葬の割合が高くなった(月刊『仏事』2015年2月号)。

また、同じく鎌倉新書が2013年に第1回、2015年に第2回を実施した「お葬式に関する全国調査」の都道府県別平均会葬者数を見ると、東京都は第1回66人、第2回45人で、増減率は−31.8%。愛知県は第1回84人、第2回58人で、増減率は−31.0%。大阪府は第1回58人、第2回44人で、増減率は−24.1%。全国平均は、第1回78人、第2回60人、増減率は−23%だった。わずか2年の間に20〜30%も会葬者数が減少している都道府県が少なくない。

さらに、2015年の時点での葬儀の形態としては、東京都で一般葬33.9%、家族葬44.6%。愛知県で一般葬・家族葬ともに46.9%、大阪府で一般葬40.9%、家族葬43.2%と、特に三大都市圏で、一般葬よりも家族葬の割合が増えていることが分かった。

ここ数年の間に、直葬や家族葬など、参列者が少人数の葬儀が増えている状況がわかる。社会構造の変化や少子高齢化による人の流動化、地縁の希薄化や葬儀に対する知識・宗教観の低下、価値観の変化や経済的な事情などが主な理由だ。

「小さなお葬式」など、社会状況に合ったネーミングの巧みさも相まって、「家族葬」は瞬く間に認知され、縮小化の波に乗り、さらに安価で手軽な葬儀として、通夜や告別式を行わず火葬のみの「直葬」もじわじわと増えていった。

■簡素な葬儀のメリットとデメリット

参列者の多い一般葬では、故人が亡くなった瞬間から葬儀が終わるまで、あいさつや気遣いのためにバタバタと慌ただしく、ゆっくりと故人の死と向き合う時間が取れない。

その点、家族や一部の親族のみで行う家族葬なら、堅苦しいあいさつや会葬者への応対は最小限で済み、落ち着いて故人を送ることができる。

しかし一方で、参列者を絞り、簡素な葬儀を選択したために、かえって面倒な事態に発展するケースもある。家族や一部の親族のみで葬儀を行った後、故人の友人や知人、呼ばれなかった親族などが故人の死を知って、気分を害してしまう場合や、「葬儀には呼ばれなかったけど、お別れを言いたい」「お世話になったので、線香をあげさせてください」という弔意を持った客がバラバラと自宅を訪れることなどがあるのだ。参列者への対応の煩わしさを軽減するために簡素な葬儀を選択したはずなのに、かえって対応に手を焼く事態に陥ってしまう。

また、家族葬や直葬など、簡素な葬儀であっても葬儀には変わりない。葬儀は決められた順序や形式で行う、“マスト(must)”の領域が多くを占めており、遺体の問題もあるので、準備や打ち合わせに時間をかけられない。そのため、結局じっくりと故人と向き合う時間が取れないまま、慌ただしく葬儀を終え、落ち着いた頃にようやく故人の死と向き合い、葬儀を振り返る心の余裕ができると、「本当にこれで良かったのか」など、罪悪感を抱き、後悔にさいなまれる遺族も現れてきている。

■葬儀後になぜ? ニーズが高まる「お別れ会」

簡素な葬儀を選択したことによる後悔の念や、葬儀に参列できなかった人の弔意を拾う新しいサービスとして、葬儀とは別に「お別れ会」のニーズが高まっている。

「お別れ会」は、1994年にホテルオークラ東京(東京都港区)が開いた「故人を送る会」が始まりだといわれている。当初は、会社の役員や芸能人など、著名人が開くものとして広まったが、2010年頃には「お別れ会」をプロデュースする葬儀社や企業が全国各地で見られるまでに一般化した。

細かい段取りや礼儀作法などで画一化した葬儀と違い、「お別れ会」は「故人や家族が何がしたいか」「故人はどんな人だったか」がベースにあり、基本的に“ウォンツ(want)”で組み立てられる。葬儀を終え、遺族の気持ちの整理が終わる四十九日や一周忌のタイミングに行う場合が多いため、打ち合わせに十分な時間がかけられるのがメリットだ。「お別れ会」をプロデュースする企業側としては人件費などの負担が大きそうだが、それでも継続的に成長しており、2011年に「お別れナビ」というお別れ会サービスをスタートさせた日比谷花壇は、2016年9月時点で「お別れ会」実施件数が昨年比約1.5倍にまで伸びている。

2015年11月「お別れ会 Story(ストーリー)」のサービスを立ち上げた鎌倉新書によると、立ち上げ当初は、故人がまだ社会的なつながりがある10〜50代が多く、「家族葬はしたけど『お別れ会』も開きたい」という家族からの依頼がほとんどだったという。しかし最近はそれに加え、「故人をしのぶ場を設けたい」という家族以外からの依頼が増えている。

故人が勤めていた会社の同僚や部下、趣味の教室・サークルの生徒や仲間から、「『お別れ会』を開いてもいいですか?」と家族に問い合わせが入るケースが出てきたという。家族や親族ではなく、故人の関係者たちからの働きかけによって「お別れ会」が実現する事例が増えているのは、「お別れ会」や「しのぶことの大切さ」が社会に浸透してきている証しともいえそうだ。

■人生は悲しみだけじゃない。葬儀と「お別れ会」の違い

近年、一部の地域では、葬儀の原点回帰の動きが見られる。

例えば岩手県釜石市では、他の地域と同様、葬儀は「寺院や自宅で行われるもの」から、「葬儀社によるホールで行うもの」に変化した。しかし同市の葬儀社の話によると、再び10年ほど前から徐々に寺院や自宅での葬儀に戻り始め、現在はすっかり逆転してしまっているという。

さらに、長い葬列を組んで墓地までひつぎを運ぶ「野辺の送り」は、かつては日本各地で見られた葬送の儀式だが、現在はほとんどの地域で廃れてしまっていた。ところが最近釜石市では、家族葬を行った場合でも、少ない参列者で短い葬列を組んで、「野辺の送り」を行うケースが増えてきている。

しっかりと時間をとって儀式的なものを行うことにより、人は気持ちの区切りをつける。「お別れ会」が緩やかに広まってきているのは、同じような意味や役割があるためだと考えられる。

「『お別れ会』と葬儀との1番の違いは、『お別れ会は悲しみだけではない』という点です。生と死はつながっていて、故人には人生があります。遺された人にとって、大切な人の死は悲しいことかもしれませんが、その人と過ごした時間には喜怒哀楽があったはずです。遺された人たちが、その人の人生を思い出し、記憶をたどり、もう一度心の中に入れ直して、『さよなら』だけでなく『ありがとう』と感謝を伝える。それが『お別れ会』です」(鎌倉新書)

■「しのぶ」ことの大切さ

何事も一方に寄りすぎると、揺り戻しが起こる。葬儀の縮小化・簡素化が進み過ぎたが故に、故人をしのぶ意味や大切さが見直されてきた。遺された人の心をケアする「グリーフケア」にも注目が集まっている。葬儀はこれまで、亡くなった人のために行うものとして捉えられてきた。しかし、「お別れ会」の増加は、生きている人にとっても儀式が必要だということが、広く認識されてきた現れともとれる。

人間は、紀元前から弔いを行ってきた。4万年以上前のネアンデルタール人の骨が発掘され、周囲から花粉の化石が見つかっているほどだ。葬儀も「お別れ会」も形が違うだけで、弔う、しのぶという行為自体は、人間の本能的な欲求から来るものなのかもしれない。

(フリーライター・デザイナー 旦木 瑞穂)