ケント・ギルバート『儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇』(講談社+α新書)

写真拡大

今年2月に発売以来、瞬く間にベストセラーになり、増刷に増刷を重ねてついに43万部を突破。ケント・ギルバートの『儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇』(講談社+α新書)が、いまだに売れ続けている。しかし、中身は疑問符がつくことばかりだ。保守派の論客である古谷経衡氏が、その“罪”を問う。

■「ネット右翼本」が異例の大ヒット

ケント・ギルバートの『儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇』(講談社+α新書)という本が、43万部も売れているらしい――そう最初に聞いた時は、4万3000部の聞き間違いだと思った。

タイトルからして「ネット右翼」が好む嫌韓・嫌中本の一種。この手の本の瞬間最大風速(MAX部数)は、せいぜい5万〜8万部ということを経験則で知っているからだ。しかし何度聞いても43万部だというし、書店には「40万部突破!」のポップが掲出されている。

一冊当たりの売り上げが漸減している苦境の出版業界にあって、43万部は間違いなく大ヒットの部類だ。一体どんな本なのか、がぜん気になって買い求めた。

結論から言うと、遅読の悪癖がある私でも27分で読み終わってしまうとんでもなく薄い内容であった。ストップウオッチではかったのだから正確な数字だ。びっくりするほど、ゼロ年代中盤に隆盛したネット右翼の中国・韓国観をただトレースしたモノで、目新しいものは何もない。

引用「文献」といえば、倉山満、石平、櫻井よしこ、山際澄夫、ペマ・ギャルポ、青山繁晴……。どこかで見聞きしたことのある保守「論客」の名前が並ぶ。ただし引用箇所の明示は不明瞭であり、「石平さんから聞いた話によると〜」など、伝聞の形を取っていることが多い。引用にしてはあまりにも誠実さを欠く。

強いて言えば「儒教」という単語と嫌韓・嫌中を絡めた点がオリジナルといえる要素だろうか。しかし、この水準で43万部なら正直言ってうらやましい。

■冒頭からトンデモ論が展開

本書を読みはじめた人は、すぐにあきれて放り出すかもしれない。冒頭から非科学的な優生思想にもとづくトンデモ論を展開させているからだ。

「最近の研究では、DNAを解析してみたところ、日本人、中国人、韓国人のDNAには、大きな違いがあることが判明したそうです」「(中華思想という)妄想が、骨の髄まで、そうDNAのレベルまで沁み付いているのです」などという。

しかもこうした人種差別的な理屈も「身内」だけは例外にしている。「韓国・済州島出身で日本に帰化された現在はすっかり大和撫子である拓殖大学の呉善花教授」と「身内」にだけは例外規定を作り、「これは何も人種差別的な言動ではありません」とエクスキューズを差し込んでいるのだ。

「儒教の呪いは中国人・韓国人にDNAのレベルで沁みついている」とし、それを歴史的事実――いかにそれが間違っているか本稿で解説していきたい――に求めながら、拓殖大学の「保守」の身内だけは「後天的に日本に帰化した大和撫子」として良とする。

ならば、その「儒教の呪い」とやらが染みついている本土の中国人・韓国人も後天的に幾らでもその「呪い」とやらを解消できるという理屈になるが、そのような結論にはならない。読んでいてこっちが何かの呪いにかかったような気分になってくる。そんな本である。

■儒教の説明はほとんどない

気は進まないが、ここから本書について詳しく評していきたいと思う。本書の要旨は、そのタイトルの通り「儒教」という、ネット右翼にとっては「新概念」をてこに、中国と韓国(さらに北朝鮮)のいわゆる「特定アジア三カ国」(通称、特亜三国)の反日姿勢、嘘つき、事大主義、歴史修正主義(と、著者が言っているもの)の原因を解明しようというものだ。

しかし肝心の「儒教とは何か」という説明はほとんどない。著者によれば、「儒教の呪いによって、自分中心主義=俺様主義、反日的性質、侵略的傾向、うそつき・忘恩の傾向」が彼らに染み付いた。中国と北朝鮮については、その「儒教」に共産主義が付加されたことでさらにその度合いは倍加された、のだそうだ。

では非共産国である韓国についてどう説明するのかといえば、それも儒教に基づく「小中華思想」で、日本を下、中国を上、自国を中国に次ぐナンバー2として位置付ける事大主義が浸潤して今の姿になったのだという。

■大間違いの「小中華思想」認識

儒教を苗床として出発した自国中心の世界観=華夷(かい)秩序は、自国の首都から遠ざかれば遠ざかるほど文明度が落ちて、野蛮国が東西南北を取り巻いているというモノになる。これに従えば、中国王朝からみて東にある日本は「東夷(とうい)」で、蔑視の対象となる。まあ、ここまでの説明はおおむねあっている。

だが、韓国に関する記述はまるででたらめだ。「韓国は小中華思想を持っている。これは中国を親、自分を兄、日本を弟という秩序で捉える世界観だ(韓国=中華世界のナンバー2)」というのは、ゼロ年代のネット右翼の古典的な韓国観をトレースしたもので、本書における記述も何ら進歩はない。

そもそもこの「小中華思想」の解釈が間違っている。韓国が持つと「される」小中華思想とは、中国をナンバー1と捉えて、半島がその次、日本がその下という秩序ではない。

17世紀中葉、漢民族の国・明朝が滅亡して満州族の王朝清が勃興すると、東アジアの華夷秩序は崩壊した。華夷秩序は漢民族の王朝を頂点とした国家の上下関係を指すので、その中心である明(みん)が滅べばこの秩序は機能しない。

■高校レベルの歴史知識も怪しい

大陸における明朝から清朝への王朝交代――これを「華夷変態」と呼ぶ――によって、華夷秩序をけん引する正統なる後継者は明朝の属国であった朝鮮に移った。したがって朝鮮こそが明朝亡き後の華夷秩序の後継者である。これが「小中華思想」の正しい解釈である。

つまり「小中華思想」とは、朝鮮こそが世界の一等国という発想なのである。それなのに、「中国1番、半島2番、日本3番」というネット上の間違った歴史解釈を、この本は疑うことなくそのまま転写している。「小中華思想」に基づく韓国一等主義は、現代においては「高句麗論争(朝鮮半島北部と満州の一部を支配した高句麗が、朝鮮民族の王朝だとする韓国側歴史学者と、それを否定する中国側学者の論争)」などにも顕著に見て取れるが、そういった海外の歴史論争の時事についても、著者の疎さが伺える。全般としては、高校程度の日本史、東アジア史の把握も正確にできているかどうか疑わしい。

しかし、いまだに「士農工商」の身分制度とか「六公四民」の極悪非道な重税、という近世日本史観が自明のものであると信じて疑わない人をまま目にする現在、この程度の水準の本のほうがかえってヒットにつながるのかもしれない。私も、今後は売らんかなのために、「儒教」とか、ネット右翼界隈では目新しい概念をてことして中・韓・朝を斬ってみることにしよう――。もちろん嘘である。

■日本も「小中華思想」の国だった

明の滅亡と清朝への交代は、日本にも重大な影響を及ぼした。徳川の幕藩体制も、朝鮮半島と同じように「華夷変態」による東アジアの世界観の混乱を受け、自らこそが世界の一等国=中華であるという錯覚を抱いた。徳川幕藩体制にあっては、北方に蝦夷(アイヌ)、南方に琉球、西側に李氏朝鮮を従えているという、日本中心のナショナリズムが勃興した。これを「日本型華夷秩序」と呼ぶ。

北方の蝦夷は概ね松前藩を通じて間接支配(19世紀に入ると北方防衛の必要性から直轄の方針へと転換した)し、異民族としてのアイヌの風俗が江戸にもたらされた。琉球は薩摩を通じて間接支配し、琉球の装束を着た慶賀使が将軍の交代ごとに江戸に上った。

朝鮮に対しては有名な「朝鮮通信使」の来日が知られるが、事実上は李氏朝鮮を一等下に見た冊封体制の構築である。徳川幕藩体制は、このようにして周辺の小国や異民族を従えていることを喧伝することで、徳川を中心とした華夷秩序を形成し、幕府の「御武威・御威光」をひけらかしていたのだ。

■水準は推して知るべし

本書の著書、ケント・ギルバートは「儒教=反日」という自ら作った方程式の欠陥を自覚しているようだ。なぜなら日本も江戸時代、朱子学によって儒教の影響を受けているはずではないか、と指摘されれば、この方程式は破綻するからである。

よって著者は、「日本だけは大陸や半島の儒教の悪い部分(呪い)を受け継がなかった」と無根拠に抗弁しているが、そもそも近世日本にも、儒教的上下秩序、儒教的世界価値観を基にした「華夷秩序」が形成されていたのは、日本史学の常識である。30年前の歴史教科書しか知らない人間に対しては通用しても、少しでも史学をかじった人間になら一笑に付される水準である。

何せ本書の理屈(のようなもの)の核が、「儒教国家=上下関係、歪んだ華夷秩序」なのだが、実際にはそれは大陸・半島に固有のものではなく、近世日本でも確固として存在していたものだ。この時点でもうまともな読者から相手にはされないだろう。

大陸・半島と日本が、東アジアの儒教国家として共通しながら、なぜ違う国民性を持つに至ったのか。そうした点をサミュエル・ハンチントンの古典的名著『文明の衝突』あたりに求めるのかと思いきや、そのような引用も一切ない。まだしもかつて小林よしのりが、大陸と日本の文化形成の違いを「王権と庶民の間にある中間支配層の有無」に求めたことのほうが、歴史小話の出来としては上等であろう。

そもそも“ネット右翼ユーチューバー”の発言であるのに、それを神戸大学の梶谷懐(かじたに・かい)教授の発言であると誤記して、自著『やっと自虐史観のアホらしさに気づいた日本人』(PHP研究所)に掲載。のちに梶谷教授自身に抗議されるとこれを撤回し、版元が正式に謝罪・内容訂正する騒動に発展した経緯を持つ著者なのだから、本書の水準も推して知るべしなのは道理というところであろう。

■トンデモ陰謀論が並ぶ

中盤から後半に進むにつれ、「テレビや新聞などのメディア、沖縄の反米軍基地運動に中国の工作員が多数紛れ入れ込んで反日工作に勤しんでいるに違いない」などと、トンデモ陰謀論の筆は増していく。

知的労働を担う既存の大手マスメディアが「外国人に支配されている」ということは、よほど日本人が無能であると言っているに等しい自虐史観ではないだろうか。テレビ出演慣れしているはずの著者が、本気でテレビ局内に「中国人工作員が多数いる」と信じているとは到底思えない。このあたりは陰謀論を好むネット右翼へのリップサービスであろうか。

そもそも論としての「儒教とはなにか」とか、そしてそれが東アジア国家群にいかなる影響を与えたのか、ということについて書くとなると基礎的な史学的知識が要求される。そうした知識なしに1冊書かなければいけないため、後半はひたすら本題と無関係な中国・韓国の「あるある反日与太話」や、根拠不明な「日本人外交官による中国ハニートラップの話」「民主党(当時)批判」、果ては「ウズベキスタンの親日美談」「クロパトキン将軍の豆知識」などが続く。

アメリカの軍人を賛美するくだりには苦笑するしかない。「戦艦ミズーリに特攻攻撃を敢行して戦死した日本の特攻兵の亡骸を丁重に埋葬して勇敢な戦死者に敬意を表した」として中国の蛮行と対比させ、アメリカ軍の道徳の高さ、凛々しさを賛美しているのだ。しかし、非戦闘員の住む街の上空に原子爆弾を投下し、無辜(むこ)の子供や赤子を皆殺しにした広島・長崎での非人道的蛮行については、「ただの1行も」触れられていない。

著者の歴史観からは、自国軍によって行われた広島・長崎での戦争犯罪は無かったことになっているようである。これはアメリカ人であるケント・ギルバート流の何かの皮肉・ジョークの類いなのだろうか。

■まるで平行世界の中韓の話

ケント・ギルバートと聞くと、私はどうしても1991年に放送されたフジテレビ『世にも奇妙な物語』での傑作短編「切腹都市」を思い出してしまう。

日本には現在でもサムライや忍者がいて、ハラキリがあると信じ込んでいるアメリカ人商社マン・ロバーツ(ケント・ギルバート)が来日する。ロバーツの想像通り、日本社会の慣行は奇妙奇天烈。重要書類を盗むために忍者に扮(ふん)した間諜が飛び回り、ささいな失敗で部下は切腹を命じられる。

「日本はわれわれの理解を超えた奇妙な国なんだ」とロバーツは半ば驚愕、半ば茫然の思いでしみじみと日本の異常性を痛感するのだ。

しかし、実際にはロバーツは来日していなかった。ハラキリ、サムライ、ニンジャ、ゲイシャの居る、本当の日本ではない並行世界の日本に迷い込んでしまっていた、というオチである。

本書『儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇』も、この「切腹都市」のロバーツの赴任先を中国と韓国に置き換えれば、そのまま皮肉が成立する。「儒教」という概念をてことして、本当はありもしない架空の中国と韓国の姿がこの本の中にはある。

韓国に行けば、近代化されたソウルの中に儒教の痕跡を見つけることはできない。そもそも韓国はアジア最大のプロテスタント教国(信徒数約1000万人弱)という事実も、本書の中からは欠落している。中国社会の腐敗や中国人のモラルの無さを「儒教」によって必死に説明しようとしているが、政治の腐敗と人心の荒廃は共産国特有の現象であり、わざわざ「儒教」を持ち出す蓋然性を感じない。

本当はそんな国ではない、と十分知っているにもかかわらず、著者はいまだロバーツを演じているだけなのではないか。そんな気さえする読後感の悪さだ。

----------

古谷経衡(ふるや・つねひら)
文筆家。1982年生まれ。保守派論客として各紙誌に寄稿する他、テレビ・ラジオなどでもコメンテーターを務める。2012年に竹島上陸。著書に『意識高い系の研究』(文藝春秋)、『草食系のための対米自立論』(小学館)、『ヒトラーはなぜ猫が嫌いだったのか』(コアマガジン)、『左翼も右翼もウソばかり』(新潮社)他多数。

----------

(文筆家 古谷 経衡)