ジャイロキャノピー(シャスタホワイト)。(画像:本田技研工業発表資料より)

写真拡大

 本田技研工業(ホンダ)は、原付三輪スクーター「ジャイロX」と「ジャイロキャノピー」に、平成28年排出ガス規制への適合とメンテナンス性の向上を行い、また一部仕様を変更して、9月22日に発売する。

【こちらも】ホンダ、スクーター「ディオ110」に新色2色を追加

 ジャイロX、ジャイロキャノピーは、積載性に優れることから、宅配などの幅広いビジネス用途に利用されている車種である。

 今回の変更では、排出ガス規制対応として燃料蒸発ガス抑制装置、排出ガスの異常を警告する車載故障診断装置が追加。また、リアフェンダーの左側にエンジンオイルの点検・交換時に使える開閉式の点検窓を設置、さらにオイルレベルゲージを延長して、メンテナンス性を向上している。

 また、電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)、触媒装置(デュアルコアキャタライザー)による環境性能や経済性に優れた水冷・4ストローク・OHC・4バルブ50ccエンジン、前・後輪にアルミ製ホイール、チューブレスタイヤ、大径ドラムブレーキなどの装備は従来通りである。

 ジャイロXは、ウィンドシールドと前後のキャリアを装着したスタンダードタイプと、それらを廃したベーシックタイプの2タイプが設定されている。ジャイロキャノピーは大型フロントスクリーンとルーフを装着しており、宅配ビジネス、出張修理サービスなど、多くのビジネス用途に対応できるという。

 メーカー希望小売価格は、いずれも消費税込みで、ジャイロXベーシックが39万7,440円、ジャイロXスタンダードが41万9,040円、ジャイロキャノピーが56万520円。なお、リサイクル費用は含むが、保険料、消費税以外の税、登録に伴う諸費用などは含まれていない。

 販売計画台数は、国内・年間で、ジャイロXシリーズが2,500台、ジャイロキャノピーが3,400台であるという。