夏の初めに日本で発見された、大騒動となった「ヒアリ」。強毒を持ち刺されると死に至る危険性もあるので、恐怖を感じた人も多かったと思います。とはいえ、自分の周囲で目にする機会もないと、危機意識もぼんやりしがちに。もちろん目にしないことに越したことはありませんが、実際問題手こずっているのは蚊などの害虫のほうではないでしょうか?

半数以上の人が困っている害虫は、やはり「蚊」だった

「株式会社プラネット」では「害虫・害獣対策に関する意識調査」を行なっており、自宅で困った害虫や駆除方法に関する調査をしています。まず「ここ2〜3年間に、あなたが自宅で困ったことのある害虫は何ですか?」という質問に関する、調査結果はこちらです。

ここ2〜3年間に自宅で困ったことのある害虫

 1位 蚊……52.8%

2位 ゴキブリ……34.8%

3位 小バエ……30.9%

4位 ハエ……20.0%

5位 クモ……16.5%

6位 アリ……15.4%

7位 ダニ……10.7%

8位 ハチ(スズメバチ以外)……9.2%

9位 ムカデ……8.7%

10位 ナメクジ……7.3%

1位は「蚊」。蚊の最大のデメリットは、何といっても「刺されると痒い」点です。さらに夜中の寝静まった時に飛んでいると、耳元で聞こえる「ブーン」という音も不気味……。そして2位は「ゴキブリ」。人によっては文字を見るだけで拒否反応が出るほど嫌いな人も多く、特に女性は苦手な人がたくさんいます。

ちなみに同調査によると、ゴキブリを自分で駆除できる女性は68.2%だそう。残りは「ほかの人に駆除してもらう」(26.5%)、「追い払う(家の外に逃がす/追い出す)」(2.6%)、「怖いので見なかったふりをする」(1.7%)、「放っておく(何もしない)」(1.0%)となっています。

また地方別の調査によると、北海道でゴキブリに困っている人はたったの1.2%だそう。その点ではうらやましい環境です。

どの害虫もオールマイティーに活躍するのは「スプレー式殺虫剤」

こういった害虫をどのように駆除しているのでしょうか?今回は困っている比率の高い「蚊」「ゴキブリ」「コバエ」「ハエ」「クモ」「アリ」のそれぞれの駆除方法をランキング形式で紹介します。

1位 スプレー式殺虫剤……61.7%

2位 たたくなどして駆除……40.3%

3位 渦巻き型のくん製式殺虫剤(蚊取り線香など)……32.4%

 

ゴキブリ

1位 スプレー式殺虫剤……71.4%

2位 たたくなどして駆除……32.7%

3位 市販の毒入り餌を設置……27.6%

 

コバエ

1位 スプレー式殺虫剤……54.9%

2位 たたくなどして駆除……35.9%

3位 粘着系捕獲グッズ……13.3%

 

ハエ

1位 スプレー式殺虫剤……70.2%

2位 たたくなどして駆除……36.1%

3位 粘着系捕獲グッズ……6.3%

 

クモ

1位 スプレー式殺虫剤……50.2%

2位 たたくなどして駆除……43.9%

3位 天然ハーブ系殺虫剤……1.5%

 

アリ

1位 スプレー式殺虫剤……50.2%

2位 市販の毒入り餌を設置……27.1%

3位 たたくなどして駆除……22.3%

どの害虫も1位は「スプレー式殺虫剤」。続いて多いのは「たたくなどして駆除」が主流でした。どちらも即効性があるのが特徴で、狙いが良ければ一撃必殺の効果が期待できます。一方で「毒入り餌」を設置する“待つ戦法”は、あまり高い支持を得られていません。見かけたらすぐに殺生、が害虫駆除のセオリーのようですね。

害虫駆除の強い味方「スプレー式殺虫剤」。やはり即効性は重要です。

【調査概要】
調査媒体:株式会社プラネット
調査機関:インターワイヤード株式会社が運営するネットリサーチ『DIMSDRIVE』実施のアンケート「害虫・害獣対策」。
期間:2017年7月7日〜7月21日、DIMSDRIVEモニター 3,796人が回答