〜内モモを鍛えて骨盤調整〜ゴルフをやらない人も体すっきりゴルフヨガ 11/14

写真拡大 (全2枚)

美脚作りに効果的なゴルフヨガ。今回は、タプタプが気になる、内モモの引き締め対策です。ゴルフの好き嫌いに関係なく、足をキュッと引き締めてくれるトレーニングは、絶対に押さえておくべき。体の歪みも同時に直すのがうれしい作用。

内モモに効くポーズ

内モモを鍛えると、足下が安定し、歪んだ骨盤が整えられるため、両脚のバランスが取れ美脚につながります。ゴルフではスイング体勢が崩れにくくなります。O脚の原因にもなる骨盤のズレは、しっかりと改善していきたいものですね。

1:両足を少し開き、つま先を内側に向けて両太モモと両ヒザをつけます。その際、両ヒザは軽く曲がるはず。両手でゴルフクラブのグリップエンドを持ち、体の正面に真っすぐ立たせてください。両ヒジは軽く曲げても、伸ばしてもOKです。

2:両ヒザをもう一度、グッと押し合います。

3:ゆっくりと呼吸しながら、前傾している骨盤を後傾させます。内モモの筋肉をファスナーに見立て、そのファスナーを下から徐々に締め上げていくようなイメージで。内モモが引き締まるのを感じることができます。

※以上を3〜5回繰り返しましょう。

次回は足下の安定につながる下半身強化に意識を集中させます。

 

ライター:吉松由紀子
監修:今井美紀/コアコントロールやインナーマッスルを強化するSpoYogaディレクター。
モデル:大石尚子
写真:樋口勇一郎