バルサが166億円のオファーを出していないとされている

写真拡大

今夏の移籍マーケットも残す所あと10日となっているが、FCバルセロナは十分な補強ができていないのに加え、パリ・サンジェルマン(PSG)にネイマールを売却した2億2,200万ユーロ(約286億円)も使っていない。
この夏のメインターゲットはフィリペ・コウチーニョである。リバプールに所属するブラジル代表のコウチーニョをバルサは口説き落としたものの、リバプールがバルサのオファーを受け入れていない。

【関連記事:バルサ 最優先はコウチーニョ】

実際、バルサも同選手に対して最優先獲得候補であることを伝えており、最新の報道ではリバプールがバルサの1億6,000万ユーロ(約166億円)のオファーを断ったとされている。
しかしながら、地方紙『リバプール・エコー』はこの額は実際のオファーとはかけ離れていると報道している。リバプール・エコーによれば、バルサのオファー最高額は8,950万ユーロ(約115億円)ということである。

そして、残りの3,930万ユーロ(約51億円)は出来高払いとなるとされており、バルサのチャンピオンズリーグ優勝、コウチーニョのバロンドール獲得などが条件に入っているとしている。一方で、リバプールがオファーを受け入れない理由は金銭的な理由以外にあるという報道もされており、単純にプレミアリーグとチャンピオンズリーグに向けてキープレーヤーとなるコウチーニョを放出したくないとも言われている。

それゆえに現状では、バルサはコウチーニョ獲得に至っておらず、同じく優先獲得候補のウスマン・デンベレ獲得にも至っていない。なお、今夏これまでに獲得に成功しているのは4,000万ユーロ(約51億円)で獲得したパウリーニョ(広州恒大)、3,000万ユーロ(約39億円)で獲得したネルソン・セメド(ベンフィカ)、1,200万ユーロ(約15億円)での買戻しオプションを行使したデウロフェウ(エバートン)である。