下半身の柔軟性を強化しよう〜ゴルフをやらない人も体すっきりゴルフヨガ 10/14 〜

写真拡大

体幹強化に最適なトレーニングの一つが、ゴルフヨガ。ゴルフの経験と関係なしに、今の歪みリセットから体幹強化までできちゃいます。今回は下半身の柔軟性を強化する動きを紹介しましょう。クラブがない人は。ホウキや傘を利用してみて。

〜足腰に効くポーズ〜

お尻から太モモの裏側、ふくらはぎまでを刺激することで、美脚作りに効果がある上に、スイング時に下半身の筋肉を有効に使えるようになります。ゴルフクラブやイスの背もたれを支えにすると、背筋もほぐれるので、背面全体を鍛えることができます。

1:左足を前にして、両足を前後に少し開きます。両つま先は軽く前方を向く程度に。
2:両手でゴルフクラブのグリップエンドを握り、体の正面に真っすぐ立たせます。両ヒジが曲がらない距離に置いてください。
3:右ヒザを曲げて、両太モモをそろえます。左側から見た時、右ヒザが左ヒザに隠れているはずです。
4:3〜5回の腹式呼吸をゆっくりと行います。両足のつけ根からしっかりと角度をつけ、背中を丸めないように気をつけましょう。

※左右の足を換えて1セットとし、3〜5セット繰り返しましょう。

次回は内モモを鍛えるストレッチで、骨盤の歪みを整えます。

 

ライター:吉松由紀子
監修:今井美紀/コアコントロールやインナーマッスルを強化するSpoYogaディレクター。
モデル:大石尚子
写真:樋口勇一郎