ジョニー・デップが次々と物件売却

写真拡大

ジョニー・デップが、5軒所有していたペントハウスを次々と手放し、4軒目の物件を182万ドル(約2億円)で売却したという。

昨年1278万ドル(約14億円)で物件の1つを売却したことが話題になったジョニーが、現在所有するペントハウスは3つの寝室からなるロサンゼルス、ダウンタウンの1軒のみとなったが、所有していた5軒すべてがロサンゼルスのイースタンコロンビアビルディングの最上階に位置しており、ロサンゼルス・タイムズ紙によると、最近売却した物件は大きな窓のある山々や街並みが一望できる眺めのいい部屋なのだとか。

天井も高いため、バスケットボール選手や、風景を専門とする写真家などに適していると言われ、スカイデッキに設置されている巨大な海水プールは、人気シリーズ「パイレーツ・オブ・カリビアン」撮影に水を供給することができるほど。さらに、ここにはスパやフィットネスエリアも完備されており、撮影の合間にリッラクスしながら体を休めることもできる。

ジョニーは残る1軒もこれから売却する方向で、その額は少なくとも179万ドル(約2億円)。ジョニーは昨年のアンバー・ハードとの破局後、次々と所有物件を売却しており、昨年の10月、11月にも2軒の邸宅を売却した。購入時550万ドル(約6億円)だった物件も売却時にはそれぞれ254万ドル(約2億8000万円)、309万ドル(約3億4000万円)まで値を下げたとされている。