Wi-Fi接続可能、IoT化した「ルンバ」

写真拡大

ロボット掃除機を手がけるアイロボットジャパン(東京都新宿区)は、ロボット掃除機「ルンバ890」「ルンバ690」2モデルを、2017年8月24日に全国の家電量販店及び直販サイト「アイロボット公式ストア」などで発売する。

最上位シリーズに匹敵する吸引力「890」、より手頃な価格の「690」

いずれもWi-Fiに対応し、スマートフォンアプリ「iRobot HOME」で外出先などから清掃を開始できるほか、完了時にはスマートフォン/タブレットにプッシュ通知が届き、清掃状況を確認できる。また細かなスケジュール設定や清掃履歴の確認などが可能だ。リチウムイオン充電池を内蔵し、約3時間の充電で最大60分稼働できる。

「ルンバ890」は、最上位シリーズと同様の「AeroForceクリーニングシステム」を搭載し、「AeroVac」搭載の「600」「700」シリーズと比べ、最大5倍の吸引力を実現したという。髪の毛などが絡みにくい「AeroForceエクストラクター」や、シンプルな構造のダスト容器を備えており、手入れやゴミ捨てが簡単だ。カラーはピューター。

直販価格は6万9880円(税別)。

「ルンバ690」は、「3段階クリーニングシステム」による清掃力、終了すると自動でホームベースに戻る「自動充電機能」などを備え、ロボット掃除機の利便性をより手頃な価格で使用できる。カラーはライトシルバー。

価格は4万9880円(同)。