高年齢でのがん手術は正しい選択なのか

写真拡大

 がんの3大療法は「外科手術」「抗がん剤治療」「放射線療法」だ。とはいっても、高齢者にとっては、副作用や手術の肉体的負担など、いずれもハードルが高い。実は75歳以上のがん治療には統一された「治療ガイドライン」が存在せず、「治療しない」という選択をする人も多い。特に抗がん剤治療では、今年4月、国立がん研究センターが「75歳以上の進行がんには効果なし」と報告した例もある。そんな中、75歳以上の患者へのがん宣告にも変化が現れ始めている。

 大阪在住の80歳男性・A氏のケースを紹介したい。A氏は5月下旬から便通が滞り、10日ほど大便が出ないこともあった。6月上旬には血便も出たという。妻の強い勧めで総合病院の消化器科を受診。レントゲン、大腸内視鏡検査を行なうと3日後に診察室に呼ばれた。挨拶もそこそこに、医師はすぐ本題に移った。

「大腸がんですね。ステージIIで比較的初期といえますので、手術を選択してはどうでしょう」

 2015年に343件の大腸がん手術を実施した、都立駒込病院大腸外科部長の高橋慶一医師がいう。

「大腸がんでは、がんのステージと患者の全身状態次第で高齢でも手術を行なうことが多い。私は『これしかない』という標準治療があるなら、手術リスクも示したうえで迷わずそれを提示します。その際心がけるのは、患者が理解しやすいよう資料やデータを細かく提示し、時に図を描くなどして丁寧に伝えることです」

 A氏の宣告でも医師はホワイトボードに大腸のイラストを描いてがんの部位に印を付け、腹腔鏡を入れる場所や切除後に縫う箇所を丁寧に説明したという。術後に人工肛門を付ける可能性もあることや、腸閉塞を起こすリスクが5%あることも伝えられた。

 多くの固形がんは切除が根治的な治療法であり、たとえ高齢患者でも「切れる」と判断したら積極的に手術を提案する外科医が大勢を占めるようだ。

 特に高齢者の大腸がんでは、腸閉塞を起こして食事の摂取が難しい場合、QOL(生活の質)を考慮し手術を行なう場合が多いという。一方、負担の大きい抗がん剤治療は高齢であるほど減少する傾向にある。

 ただし、がん宣告の場面で医師は患者に即断を促さない。年間300人以上の患者の相談に乗る「がん難民コーディネーター」の藤野邦夫氏がいう。

「患者に一通り説明したら、検査結果や治療法が詳しく書かれた資料を渡し、数日かけてじっくり考えてもらうという方針の医師がほとんど。その際『病状説明用紙』や『同意書』などを渡し、口頭での説明を詳しく文書化しサインをもらう」

 まさにA氏もそういった流れで決断した。告知を受け帰宅した後、A氏は家族と相談。医師の力強い言葉と家族の「人工肛門になっても支える」という言葉に後押しされ、手術の同意書にサインした。

 その後は、詳しく「手術に耐えうるか」をチェックされた。A氏は50年近くの喫煙歴があり、息が苦しくなる自覚症状を問診で告げていたが、後日行なった運動機能検査の結果は良好。「心臓の鼓動は少し弱いが、年齢相応で手術には影響がない」と医師は見立て、人工肛門のリスクも回避できるだろうと判断された。

 それから1週間後、A氏は3時間の手術を受けた。現在は下痢などの後遺症はあるものの転移はなく容態は概ね良好だ。

※週刊ポスト2017年9月1日号