「ぼっち」というと普通は友人も恋人もいない人を指しますが、結婚していても孤独を感じる人はいるようです。8月16日、ガールズちゃんねるに「友達いなくても結婚していればいいという風潮」と題したトピックが投稿されました。

トピ主は週3日パートで働く主婦。県外に嫁いだわけでもないのに、気軽に遊びに行ける友人がおらず、夫がいないときは「本当に一人なので寂しい」と訴えます。ところが、同サイトにこの悩みを書き込むと「旦那いるのに甘えるな、既婚者なんだからいいだろ」と批判されてしまうそうです。

しかしトピ主にとって夫と過ごすことと女友だちと過ごすことは別物。友達とカフェでおしゃべりしたり、ホームパーティーを開いたりしたいといいます。

「既婚者ぼっちならではの寂しさってあると思いませんか?」

と共感を募っていました。(文:篠原みつき)

「結婚しててもたまには気軽に遊べる友人欲しい」

ホームパーティーはともかく、既婚者である筆者にはこの孤独感がよく分かります。結婚して住む場所が変わると近所に友だちはいませんし、夫とは趣味の話はそれほどできません。男性と女性では話題や悩みが違う面もあり、やはり夫以外の友人は貴重です。しかし友だちが少ないことを嘆いても、「結婚しているんだからいいじゃない」と言われてしまいます。

トピックに400件近く集まったレスコメントの中にも、賛同する声がたくさんありました。

「結婚しててもたまには気軽に遊べる友人欲しいですよね」
「家族いれば幸せじゃないの?って独身の友達に言われた事ある。それはそれでしょ。友達いないとか無理」

"既婚者でも友だちが欲しいぼっち"に理解を示す人は少なくありません。

大人になるほど友だちづくりは難しくなるものですが、結婚して家庭優先になり、友だちが減ったという人は多いでしょう。既婚者特有の寂しさともいえるかもしれません。

「私独身で友達いないけどしあわせだよ」と旦那も友だちもいらないという人も

一方で、「旦那がいれば充分かな」「私はむしろ友達いないけど家族いるから別にいいや派」と結婚していれば友だちはいらないという声もありました。それどころか「私独身で友達いないけどしあわせだよ」と完全な「ぼっち」でも構わないという人も。

また「大人になろうよ。結婚したんでしょ」などと諭す声もありました。

「いつまでも女友達とカフェに行く時間は別物!なんて言っていてはいけません。自分の家庭をしっかり作ろう。それこそが自分の居場所ですよ」

厳しいですが至極もっともな意見だとも思います。友達付き合いも大事ですが、大人として今いる場所でベストをつくす時期なのかもしれません。

そして、本当に友だちが欲しいなら、嘆いているだけではどうにもなりません。スレッドには、「何か習い事をしたら同じ趣味の友達ができるかも」など、自分から友達をつくる努力が必要だと説く人も大勢いました。やはり共通の体験をある程度していなければ、親しくつき合える関係にはなりにくいものです。

筆者の経験で言えば、子どもが生まれればママ友はできますが、自分から積極的に話しかけなければ仲良くはなれません。受け身で待っていても誰かがあなたの友だちになってくれるわけではない、とトピ主には言いたいところです