北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は22日、米国のトランプ大統領が「ヒステリックな戦争狂気を振るっている」と非難する署名入りの論評を配信した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

論評は、「トランプの狂った妄言が核戦争を招いて本土を廃虚にしかねないという不安と恐怖が漂っている米国は今、核悪夢にさいなまれている」と述べた。

また、「朝鮮は二度の大陸間弾道ロケット試射の成功によって任意の地域と場所で不意の奇襲発射で米本土全域を火の海にすることができるということをはっきり示した」と強調した。

一方、トランプ氏が「自国民の安全などは眼中になく、むしろわが軍隊と人民を刺激する妄言をやたらに吐きながらヒステリックな戦争狂気を振るっている」と指摘した。

さらに、21日から米韓合同軍事演習「乙支(ウルチ)フリーダム・ガーディアン」が実施されていることについて、「情勢はますます、より険悪な境地へ突っ走っている」とし、「これを防げる方法はただ一つ、米国の軍事的妄動を絶対的な力で治めることだけである」と主張した。

そのうえで、「われわれにまたもや叩かれる恥をかきたくないなら、理性をもって思考し、正確に判断すべきである」と警告した。