【衝撃グルメ】アイス「チョコモナカジャンボ」を焼くと激ウマ化することが判明!

写真拡大 (全11枚)

暑い夏に食べたくなるものと言えばやっぱり冷たいアイスクリーム。コンビニやスーパーで食べたいときにいつでも買って食べることができますし、ついつい食べすぎてしまっているという方も多いのではないでしょうか。

高級感も味わいたい



しかしコンビニアイスの長所でもあり短所でもあるのは、手軽に買える分高級感がないということ。オシャレなカフェで食べるような高級スイーツ感はさすがにあまり感じられませんよね。



チョコモナカジャンボを激ウマ化



そこで今回は皆さまにとっておきの技をお伝えしましょう。森永製菓のチョコモナカジャンボに少し手を加えるだけで、コンビニアイスでは味わえない高級感をプラスさせることができるのです。チョコモナカジャンボはもともとかなり優秀なアイスですが、さらに美味しくすることができるなんて素晴らしいですよね!



トースターで焼くだけ



その技とは、チョコモナカジャンボを自宅のトースターでこんがりと焼くだけ。それだけでモナカのパリパリ感が増して香ばしさがプラスされ、コンビニなどで買ってそのまま食べるチョコモナカジャンボとは別次元の味わいに変化するのです。



あらかじめ加熱しておく



普通に考えたら、アイスをトースターで焼いたりなんてしたらアイスが溶けてしまうと思いますよね。でもチョコモナカジャンボならアイスがモナカでガードされているため、焼いてもボタボタとアイスが垂れてしまうようなことにはなりません。とは言ってもさすがにモナカの耐久度には限界はありますし、トースターでの調理は完璧に仕上げたいところ。

そこで重要になるのが、チョコモナカジャンボを入れる前にトースターをしっかりと加熱をしておくということ。何も入っていない状態で1〜2分程度トースターを温めておきましょう。これでモナカに効率よく焦げ目を入れることができ、アイスが溶けすぎてモナカが柔らかくなったり、モナカが崩れてしまうのを防ぐことができます。





表面が焦げたらすぐ取り出す



そしてチョコモナカジャンボをトースターの中に入れたら、時間を決めずにしっかりとトースターの中をチェックし続け、焦げ目がついたらすぐにトースターから取り出しましょう。



見事、表面に美味しそうな焦げ目がつきました。それでいて中身のアイスも漏れていません。完璧な焼き上がりですね!

ほんのり溶けたアイスが激ウマ



そのままモナカにかぶりつきたいところですが、一旦落ち着いてできればお皿の上に盛り付けましょう。どうしてかというと中身のアイスはモナカから漏れてこないだけで、ほんのりと溶けているからです。





なので食べているうちに少しずつ垂れてきてしまうのは間違いないので、お皿を用意しておいたほうが食べやすいでしょう。アイスはほんのり溶けているとはいえしっかり冷たく、溶けたことによってバニラの甘味が一層引き立っています。これはマジでウマイ!



チョコレートはパリパリのまま



そして素晴らしいのは、チョコモナカジャンボのバニラアイスが溶けても、中心に入っているパリパリの板チョコはまったく溶けていないということでしょう。おいしい食感がそのまま残っているのです。香ばしいモナカとまろやかさが増したバニラアイス、そしてパリパリのチョコレートの組み合わせは最高としか言いようがありません。ちょっとトースターで焼くだけでこんなに味が変わるなんて!



最後は垂れたアイスをつけながら



今回は撮影をしながらだったため最後は随分とアイスが溶けてしまいましたが、この溶けたアイスをモナカに絡めて食べるのも絶品。途中で変化を加えられるのも良いですよね。

アイスを焼くと言うと頭がおかしくなってしまったと思われてしまいそうですが、モナカに耐久性のあるチョコモナカジャンボに限っては焼くことが見事にプラスに作用するのです。もちろんそのまま食べるのも最高ですが、自宅で食べるときは試してみてはいかがでしょうか。

■執筆・監修:Mr. Fox

執筆、撮影、編集家。日本生まれ、生年不詳、トレードマークはキツネの顔。世界各国を回りながら、メディアに関わる仕事をしてます。人のアイデアを転がします! コンコン。https://twitter.com/im_mr_fox/