口臭チェッカーは断然タニタ精度だけじゃない「ある機能」が秀逸!

写真拡大 (全8枚)

どんなに歯磨きをしていてもやはり口臭は気になるもの。そんな時は素早く計測できる口臭チェッカーがおすすめ。一押しはタニタのEB-100。他にはない「ある機能」がいいんです!


口臭チェッカー人気4製品を比較
同じようで結構違いました


人に調べてもらうわけにはいかない口臭。その危険レベルを確かめられるのが口臭チェッカーです。今回は、かなり口臭が強くなる納豆とカップラーメンを食べ、その結果と使い勝手を比較しました。



シビアな結果と無音計測が
魅力のタニタ「EB‐100」


今回テストした製品の中で、タニタの「EB‐100」は一番シビアな数値が出ました。



タニタ
ブレスチェッカー EB-100
実勢価格:3289 円


【総合】A
【歯磨き】1
【納豆】5
【カップラーメン】5
自分で臭いなと感じる納豆・カップラーメンを食べた直後は、5の「非常に強いニオイを感じるレベル」になりました。



黄色が2つだとニオイを感じている証拠。寝起きやお菓子を少し食べた後はこのレベルです。



緑が1つだとニオイは感じない清潔な証。歯磨き後やガムを噛んだ後は1になりました。

ニオイチェックのシビアさも然ることながら、本製品の魅力は計測時に「ピー」とならないこと。他の機種は測定時に「ピー」と音が鳴りますがEB-100だけは測定開始時をバイブで教えてくれます。

これなら他人に知られることなくスマートに口臭をチェックできますよね。この気配り、タニタさん、さすがです。これで口臭ケアへの第一歩は完ペキです!


比較したほかの
3製品もチェック


今回、同様にテストした残りの3製品のうち、2製品は「EB-100」と同じタニタの製品。ただ、今回の検証では結果にばらつきが出ました。

まずは、タニタの「ブレスチェッカー HC-212S」から。



タニタ
ブレスチェッカー HC-212S
実勢価格:3500円


【総合】B
【歯磨き】1
【納豆】3
【カップラーメン】3

飲食後、3の「強いニオイ」との判定が出ました。本製品は「5」まで計測可能なので、この臭さで「3」ってことは「5」だとどれだけになるんでしょう?

続いて、同じくタニタの「ブレスチェッカー HC-212M」です。



タニタ
ブレスチェッカー HC-212M
実勢価格:2820円


【総合】B
【歯磨き】1
【納豆】3
【カップラーメン】2

「HC-212S」に近い反応が検出されました。カップラーメンのほうが納豆より臭いと感じましたが、今回の検証では、低めの数値が出ました。

最後は、ロゼンスターの「口臭チェッカー SR-104」です。



ロゼンスター
口臭チェッカー SR-104
実勢価格:2497円


【総合】C
【歯磨き】1
【納豆】3
【カップラーメン】2

検証の結果は上記の通りです。また、今回の検証では、誤作動が多く計測に手間がかかりました。


以上、口臭チェッカー人気4製品比較でした。いかがでしたか。口臭は面と向かって言いづらいけれど、じつは気にする人が多いもの。相手を不快にさせないためにも、食後はこまめにチェックして対策したいものですね。

そんな中で、やっぱりおすすめは、タニタの無音でチェックできる「EB‐100」です。ぜひ、お試しください。



360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。