アリババグループは17日に、11億ドルを投じてインドネシア最大のネット通販サイトTokopediaの株を購入することを明らかにした。アリババは現在東南アジアでの事業展開を加速させている。資料写真。

写真拡大

アリババグループは17日に、11億ドルを投じてインドネシア最大のネット通販サイトTokopediaの株を購入することを明らかにした。アリババは現在東南アジアでの事業展開を加速させている。中国新聞社が伝えた。

Tokopediaはインドネシアで最大の規模を誇るネット通販サイト。2009年に成立し、アクセス数も最も多い。Tokopediaの創始者でCEOのWilliamTanuwijaya氏は、アリババの投資が同社の成長を加速させることになると語る。

アリババは東南アジアをグローバル化戦略の重要地域の一つと見なしている。インドネシアだけで2億6000万人の人口を抱え、東南アジア全体の人口は6億人に達する。2016年4月、アリババは東南アジア最大のネット通販Lazadaに投資し、今年の6月にも10億ドルを投じ、Lazada株の保有率を83%まで高めた。

今年に入り、アリババは東南アジアにおける投資と事業展開を明らかに加速させている。6月には「天猫出海」プロジェクトにおいてLazadaでマレーシア「タオバオ厳選」サイトをオープンし、1週間も経たないうちに、中国メーカー3万社近くが出店。年内には「天猫出海」プロジェクトは引き続き、「タオバオ厳選」サイトをタイやフィリピンなどでオープンさせ、Lazadaのプラットフォームと物流、在庫管理、配達システムを通じて、現地の消費者が手軽に中国の商品を大量に購入できるようサービスを展開していく。

17日に発表された「2018財年第1四半期財務報告」によると、東南アジアネット通販Lazadaとアリババ傘下のグローバル「速売通」プラットフォームの力強い成長をうけて、アリババの国際小売業務の四半期収入は26億3800万元に達し、前年同期比で136%増となっている。(提供/人民網日本語版・編集HQ)