日本全国に数多あるラーメンの中でもとっておきの一品を食べ歩きながら紹介する、ラーメン官僚かずあっきぃこと田中一明さん。豪華執筆陣による興味深い記事を1本から購入できて読める、まぐまぐの新サービス「mine」で無料公開中の、田中さんの記事から本日ご紹介するのは、神奈川・港南台「海居人(かいと)」の干し海老油塩らぁめん&醤油らぁめん。今まで12,000杯のラーメンを食べ歩いたラーメン官僚が、期待をもはるかに上回る完成度の高さに惚れ惚れした、「海居人」のらぁめんのお味とは?

【ラーメン官僚かずあっきぃの麺遊記】海居人(かいと)

海居人(かいと)@港南台にて、干し海老油塩らぁめん&醤油らぁめん。

こちらは、かねてからチェックしていた神奈川の大型宿題店。綿密に計画を立て、計画に忠実に行動した結果、この度、ついに訪問が叶った次第。

店舗の場所は、JR港南台駅から徒歩3分程度。

間違いなく至便な立地だと言えるが、実はこちら、細い道に入ったところにあるビルの奥まった場所に入口があり、少々分かりづらい。

アクセスを試みる際には、事前の予習が必須だろう。

さて、いったん店内に入ってしまえば、そこはもう別世界。

夜営業時にラーメンをいただくには、おツマミなどの料理を頼む必要があることからもお解りのとおり、店内の雰囲気は適度に高級感のある和の趣。

結論から申し上げれば、提供されるラーメンのクオリティも極めて高い。私流に申し上げれば「これは美味い、美味すぎる!」といったところだ。

スープは「干し海老油塩らぁめん」「醤油らぁめん」ともに、昆布・サバ節を主体とした魚介出汁と鶏ガラ・モミジ・手羽先をじっくり煮込んだ鶏出汁を合わせたもの。

干し海老油塩らぁめん

醤油らぁめん

店主は和食の職人であり、単一の素材の特徴が浮き彫りとなったビビッドな味わいよりも、多種多様な素材が折り重なった際に生まれる輻輳的な味わいを指向。

その指向そのままに、いずれの1杯も、序盤は穏やかな滑り出しでありながら、中盤以降、魚介由来のうま味が果てしなく伸びる。

「動物系のうま味を、いかにして魚介と馴染ませるか。その点には苦労しました。これでもまだ完成途上です」と謙遜する店主。

いやいや、既に完璧に馴染んでますから。

数多くの先人が同店へと足を運び、賞賛の言葉を述べるので、私もそれなりに期待値を上げて臨んだつもりだが、その期待をもはるかに上回る完成度の高さ。

得心がいかない点があれば躊躇なく改善を試みるなど、伸びしろもまだまだある。とてつもない可能性を秘めた、未来の神奈川の牽引者だ。

自身が食べて美味かったラーメンのみUPする、田中一明さんの記事をチェックしたい方はこちらでフォロー

DATA

海居人(かいと)

営業時間 17:00〜22:45

※ランチラーメン月、水、金11:30〜14:00 

住所 神奈川県横浜市港南区港南台4-3-1 ビーバービル1F

定休日 日曜日

出典元:まぐまぐニュース!