週末に控えるホッフェンハイム戦に向けて、長期離脱のティン・イェドヴァイを含む5選手が負傷を抱えているレヴァークーゼンだが、しかし週末までにもしもうまくことが運ぶならば、ハイコ・ヘアリヒ監督はイェドヴァイをのぞく全選手をオプションにすることができるかもしれない。

特に可能性が高いのは、軽く大腿筋に問題を抱えるアドミール・メーメディであり「土曜までにはよくなるだろう」と指揮官はコメント。水曜にもチーム練習復帰が見込まれている。さらに開幕戦で肋骨に打撲を受けたスウェン・ベンダーについては、すでにフルメニューに参加する様子が見受けられた。

また膝の負傷により個人練習がつづくカイ・ハヴェルツについては、「思ったよりも少し時間がかかっている」との見方を示しつつも「今週には復帰できるだろう」とヘアリヒ監督。「土曜については前向きに考えている」と言葉を続けた。一方のハヴェルツも「日曜からピッチに立っているし、土曜に向けていい感覚を覚えているよ」と述べている。

その一方で足首に問題を抱える主将のラース・ベンダーについては、この日は早めに練習を切り上げる場面が見受けられており、ヘアリヒ監督によれば「少し違和感があったので大事をとった。ラースについては回復経過や練習状況を見守りながら判断することになるよ」と語った。