南米のリーグ戦で珍事!アウェイチームの成績が散々すぎる

写真拡大

2014年のワールドカップで日本が苦杯をなめたコロンビア。

そんなコロンビアの1部リーグで、なかなか見られない珍事があったそうだ。『Opta』がこんなデータを紹介してくれた。

同リーグのクラウスーラ第9節の結果をまとめてみると…

リオネグロ・アギラス 2- 1 ティグレス
アトレティコ・ブカラマンガ 2- 0 パトリオタス
サンタフェ 2- 0 デポルティボ・カリ
デポルティボ・パスト 1- 0 インデペンディエンテ・メデジン
アメリカ・デ・カリ 0- 0 ミジョナリオス
ハグアレス・デ・コルドバ 1- 0 エンビガード
ジュニオール 3- 0 オンセ・カルダス
アトレティコ・ナシオナル 4- 0 アリアンサ・ペトロレラ
エキダ 1- 0 アトレティコ・ウイラ
デポルテス・トリマ 2- 0 コルトゥルア

※左側がホームチーム

全10試合でホームチームが9勝1分と圧倒的な成績を残しているのだが、より悲惨だったのはアウェイチームだ。

成績は1分9敗であり、なんと得点はティグレスFWサンティアゴ・ガルシアがあげた1点のみ!

サッカーはホームゲームが有利と言われるスポーツだが、それでも同じ節のうちにこれだけアウェイゴールが生まれないのは非常に珍しいと言えるだろう。