『ウォーキング・デッド』シーズン7、9月23日よりHuluにて全話配信決定

写真拡大

 フランク・ダラボンが製作総指揮を務めるドラマ『ウォーキング・デッド』のシーズン7が9月23日よりHuluにて全話配信されることが決定した。

 本作は、ベストセラーのアメコミ”The Walking Dead”を原作にしたサバイバルドラマ。ゾンビにより荒廃したアメリカを舞台に、安住の地を求めて“ウォーカー”の集団から逃れつつ旅をする主人公リック・グライムズらの姿を描く。

 様々な混乱と苦難を乗り越え、“安全居住区域”アレクサンドリアでの落ち着いた生活を手に入れつつあったリックと仲間たちだったが、行く手を阻む謎の集団“救世主”たちとの戦いの後、ついに彼らの眼前に“救世主”のリーダー、ニーガンが登場。八方塞がりとなり、ニーガンの前でひざまずくリックと10人の仲間たちに、惨たらしいまでの鉄槌が下されることに……。

 なお、10月23日よりHuluFOXチャンネルにてシーズン8のリアルタイム配信が開始。また、シーズン1〜6の吹替版もHuluにて全話配信中だ。