米国からフィリピンに提供された係留軽航空機。フィリピン・サンバレス州サンアントニオの海軍訓練施設にて(2017年8月22日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】フィリピン・サンバレス(Zambales)州サンアントニオ(San Antonio)にある海軍の訓練施設で22日、米国からフィリピンに提供され、同国海軍が海上領域認識の強化のために使用する係留軽航空機システムが公開された。

  このプロジェクトは、フィリピンの情報・監視・偵察(ISR)能力向上支援を目的とした米政府の5か年計画の一環として実施された。
【翻訳編集】AFPBB News