香川、開幕戦出場も「納得いっていない」 チームと代表で「引っ張っていく立場」を自覚

写真拡大

ブンデス開幕戦ヴォルフスブルクで後半41分から出場

 ドルトムントは19日のブンデスリーガ開幕戦でヴォルフスブルクと敵地で対戦し、MFクリスティアン・プリシッチの1ゴール1アシストなどで3-0と快勝した。

 負傷の影響もありベンチスタートとなった日本代表MF香川真司は後半41分から途中出場し、見せ場はわずかに終わっている。そんななか22日夜に香川は公式ブログを更新し、「開幕戦を終えて」とのタイトルで胸中を明かした。

 香川は6月7日の国際親善試合シリア戦(1-1)に先発出場し、前半10分に相手と競り合った後、ピッチに左肩を強打して左肩関節前方脱臼で2カ月間ピッチを離れていた。その影響で調整が遅れたものの、開幕戦では後半41分にプリシッチと交代し出場。短い出場時間のなかで果敢にゴール前に飛び出すプレーも見せたが、チャンスに絡めずに終わった。

 チームは完勝した一方、香川は悔しさを露わにし、「開幕しっかりとチームとして勝てた事は良かったです。チームとしても良い雰囲気ですし、チームとして継続をしていければと思います。ただ自分自身は納得はいっていないですね」と綴っている。

 さらに、チームの中心選手としての自覚を強調し、ドルトムントと日本代表の両方で「引っ張っていかなくてはいけない立場」との思いを新たにしている。自らの怪我にも触れながら、現状について次のように続けた。

不完全燃焼に「もっとやらないと…」

「僕としては怪我があったとはいえ、今プレーできる状況においてすごく悔しい思いがあります。数分といえど、出場できる事は良いこと。ただそこで満足する必要もなく、このチームの中では中心であり引っ張っていかなくてはいけない立場だと思います。チームであれ、代表であれ。だからこそもっとやらないといけないな。と」

 “もっとやらないと”の思いを抱く香川にとって、途中出場の開幕戦は不完全燃焼となってしまった。24日にロシア・ワールドカップアジア最終予選の本拠地オーストラリア戦(31日)、敵地サウジアラビア戦(9月5日)のメンバー発表が控えている。

 日本代表が誇るテクニシャンはチームを牽引する活躍を披露し、ドルトムントと代表の両方で完全復活を印象付けられるだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images