【ソウル聯合ニュース】韓国青瓦台(大統領府)の鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長(閣僚級)は22日、国会運営委員会に出席し、「現政権は戦術核配備問題について全く検討していない」と述べた。

 鄭氏は戦術核兵器の導入について、「朝鮮半島非核化を推進する上で、われわれの名分が失われる」との見解を示した。

 米国による拡大抑止を通じ、北朝鮮が核で挑発した場合に対応できる十分な抑止力を備えているとした上で、「難しい問題ではあるが、良い方向で実を結ぶと信じている」と述べた。