女子シングルスは上位シードが苦戦、ダブルスベスト4は小平二と城南 [第44回全中]

写真拡大 (全5枚)

「第44回全国中学生テニス選手権大会」(8月19、20日団体戦、21〜24日個人戦/沖縄県総合運動公園テニスコート)、通称「全中」の4日目は、男女シングルス2、3回戦、男女ダブルス3回戦(準々決勝)が行われた。

(写真)木本海夢夏(大分市立南大分)

 女子シングルスは上位シードが苦戦を強いられた。第1シードの伊藤汐里(さいたま市立常盤)は2回戦で山口花音(城南学園)を8-1で倒すが、3回戦で対戦した木本海夢夏(大分市立南大分)とは8-8でタイブレークにもつれ、7-2で振りきった。

 第2シードの西尾萌々子(向日市立寺戸)は2回戦で関口裕望(前橋市立桂萱)を8-3で下すも、3回戦は第9〜16シードの 高橋礼奈(相模原市立田名)に7-9で敗れた。

(写真)西尾萌々子(向日市立寺戸)

 第3〜4シードの山口藍(熊本市立桜木)は2回戦で早重果波(松戸市立小金)にタイブレークの末にギリギリの勝利を収め、3回戦は小林一愛(津山市立津山東)を8-2で下した。

 もうひとりの第3〜4シードである松田絵里香(横浜市立平戸)は2回戦で光崎澪(みよし市立三好丘)8-4で倒したが、3回戦は第9〜16シードの長谷川愛依(一宮市立中部)に敗れた。

(写真)長谷川愛依(一宮市立中部)

 松田と長谷川は、1週間前の全日本ジュニア準決勝でも対戦しており、そこでは7-5 6-2で松田が勝利。2人の直近の対決は松田が3連勝中だったという。

 長谷川は前回の敗戦を踏まえて「1週間前は自分が有利な展開に持ちこみながら、あと1本のところで決められなかった。だから今回はじっくり打ち合い、攻めるところ、守るところのメリハリをつけた」という作戦が見事にはまり、8-4で勝利した。

 先の全日本ジュニア準優勝で第5〜8シードの森岡きらら(天理市立南)、同じく第5〜8シードの大橋由奈(板橋区立赤塚第二)は危なげなく2、3回戦を勝ち上がった。

 唯一、単複両方で勝ち上がっているのが郄岡鈴蘭(城南学園)。「シングルスは"ドローに恵まれた"と周囲に言われてプレッシャーだったけど、自分を信じて力を出しきって、絶対ベスト8には入ろうと思った」と戦った。

 2回戦は黒崎早絢(函館市立五稜郭)を8-1で退け、3回戦では藤永笑子(長崎市立東長崎)に対して5-7と追い込まれるが、そこからタイブレークに持ち込み、7-3で逆転勝利を収めた。

 郄岡は「ダブルスのドローを見たとき、絶対第1シードを倒してベスト4に入ろうと思った」と闘志を燃やし、シングルス2試合を終えたあとにもかかわらず、児山心美とのペアで毛呂彩音/金子さら紗(小平市立小平第二)との熱戦を8-6で競り勝った。

 児山は「団体の決勝で小平二に負けた悔しさを個人戦にぶつけようと思った」と奮闘。シングルスは2回戦で大橋に敗れたが、ダブルスでは郄岡と息のあったプレーで明日の準決勝に進出している。

 明日23日(水)は男女シングルス4回戦と準決勝、男女ダブルスの準決勝が行われる予定だ。女子ダブルスは郄岡/児山対河野瑞生/西村瑠生(小平市立小平第二)、山口花音/武本萌衣(城南学園)対近藤佳怜/内島舞子(小平市立小平第二)と、いずれも城南対小平二の対決となっている。

 大会5日目の23日は、男女シングルス準々決勝、準決勝、男女ダブルス準決勝が行われる。単複ともに準決勝から3セットマッチ(それまでは8ゲームプロセット)を採用。試合開始は9時の予定。

テニスマガジン/編集部◎池田晋)