言葉や態度で相手の自尊心を奪うモラルハラスメント、なかでも配偶者からの「モラハラ」が話題になっています。現在、娘と2人暮らしのヨシダテルミーさんも、離婚した元夫からモラハラ被害を受けていました。結婚当時の“洗脳”が解けた今、振り返ってみると、義母からの元夫への愛情にも異様なものを感じることがあるそう。なかでも印象的だったのは、出産直後にかけられた、義母からのこんな言葉でした…。


元夫をほめまくる義母。出産時にこんな暴言も…

義母はとにかく息子(元夫)をほめる人でした。結婚するまでの交際期間が長かったのですが、その間に起きたDVまがいなこと(おなかにグーパン)や浮気まがいなこと(めちゃくちゃかわいい後輩とデート未遂)を私が報告したときに、「うちの息子はそういうことするのよ〜」と言い放ったドヤ顔が今でも忘れられません。

そして、結婚したとき、結婚祝いに1円も、贈り物さえもくれなかった義母から代わりにかけられた言葉がこれ。

「うちの息子みたいな優しい子と結婚できたテルミーちゃんがうらやましいって、みんなが言ってるのよ〜」

過去に戻って、あんたの優しい息子、さんざんモラハラしたあとに自分勝手な理由で子どもを捨てるようになるからねって、当時の義母の耳元でささやいてやりたい。

私の娘が生まれたときは義母と義姉で、たいへん盛り上がっていました。
「なんてかわいいの! 目が大きいところが息子の赤ちゃんの頃にそっくり! まつ毛が長くておでこの形がきれいで美人なところも息子にそっくりだわ!! 鼻もきっと息子に似て高くてきれいになるわよ!! でも、天パとアゴの形はテルミーちゃん似ね…」

マジか! おい! おまえたち、私を笑わそうと思って言ってんのか!? いや、マジでした。そして一部始終を無言で見ていた元夫は、もちろん、なんのフォローもなし。あとで「お義母さん、ひどくない?」と言ったら「なんで?」と返されました。

この日の出来事は忘れられません。もー! 忘れられないことばっかり! 脳細胞のムダづかい。

そんな義母には、元夫が無職だったにもかかわらず、義母義姉連合に催促され2年半仕送りをすることになるのですが、それはまた別のお話。

【ヨシダテルミーさん】
地方在住の主婦。19歳で初めてつき合った男性と28歳で結婚し、33歳で離婚。現在はワーキングマザーとして、5歳の娘と2人暮らし。インスタグラムで発信する、モラハラ夫との生活を綴った手書き投稿が人気を集める。@yoshiterumi