東京の郊外で、冷蔵庫なし、エアコンなし、洗濯機なしのシンプルな暮らしを送っている、省エネ生活研究家のアズマカナコさん。なんと家族4人で、ひと月の電気代は500円、水道代は1400円だそう。どうやったら家電を利用しなくても、夏を快適に過ごせるのでしょうか? この季節ならではの工夫を教えていただきました。涼しいアイテムを日常に取り入れて、暑い夏を乗りきる

●ハッカ油使いで清涼感を


薬局などで買えるハッカ油は、夏のシーンで大活躍。「水で薄めてスプレーボトルに入れておき、肌にかけるとスッと涼しく感じます。虫よけ効果もあるので一石二鳥」。


ハンカチにひと吹きすれば、汗をふくときにリフレッシュできます。


ハッカ油を数滴たらした水で絞った手ぬぐいを首に巻くのも、ひんやり効果ありです。<ハッカ油スプレーのつくり方>


アズマさんは、スプレーボトルに50mlの精製水を入れ、ハッカ油を10滴たらし、よく振り混ぜて使用。「ルームスプレーにしたり、トイレのこもったにおいを解消したりするのにも役立ちます」。●水枕で気持ちよく眠りに


寝苦しい夜、子どもたちには水枕を用意します。「発熱時用に使っているゴム枕を利用。寝つくまでの十数分程度ひんやりすれば、あとはぐっすり眠れるので、氷なしの水を入れただけで十分です」。●濡らした手ぬぐいに扇風機で風を当てる


とくに暑い時間帯は扇風機の出番。扇風機の前に濡れた手ぬぐいを下げると、気化熱で温度の下がった風が人に届きます。「手ぬぐいの色柄も涼しげなものを選ぶといいですね」。●薄手のカットソーのスカートとはだしで過ごす


装いひとつでも暑さの感じ方が変わります。「夏は、風とおしのよい薄手のカットソーのストンとしたスカートを愛用。板の間も畳も、はだしだとひんやり感じて気持ちいいですよ」。●ソーラーランタンの明かりをあちこちで活用


家の照明は、居間の電球と、キッチンと浴室にそれぞれ蛍光灯があるだけ。「それ以外の場所で明かりが必要なときは、太陽光で充電するランタンを使います」。持ち運べて電気代ゼロ!●暑さの厳しい時間を避け、サマータイムを取り入れる


昼の暑さを避けるため、夏はいつもより2時間ほど早起きして家事や仕事を始めます。「仕事をするときは日の当たる場所を避け、少しずつ涼しい位置に仕事机を移動させます。夏は2階より1階の方が涼しいですよ」。

●教えてくれた人
【アズマカナコさん】
省エネ生活研究家。夫、長女、長男の4人家族。東京郊外の古い一軒家に住み、環境負荷の少ない生活を送る。近著に『もたない、すてない、ためこまない。身の丈生活』(主婦の友社刊)など